レジャー 中部 福井

うみんぴあ大飯!こども家族館や温泉、釣りや道の駅、口コミ情報

「うみんぴあ大飯」は福井県のおおい町の複合レジャー施設で、ここ最近にできた新しいスポットです。道の駅もあり広い駐車場も無料の為、レジャーの帰りに休憩で立ち寄る方も多いようです。では、施設内にどんなスポットがあるのかをご紹介します。

小さいお子様も楽しめる!こども家族館

小浜湾沿いを車で走っていると、海沿いにとても目立ったガラス張りの円柱の建物が見えるので、近くを通られたことがあれば、皆さんご存知かもしれませんね。この変わった建物がこども家族館です。

我が家は福井に良く釣りに行くのですが、昼には撤収する為、昼から立ち寄ってよく遊んでいました。ここのメインは、2〜4階で構成されている日本最大級のボールプールです!海をイメージした水色と白のボールがめいっぱい詰まっています。

あそび体験ゾーンとなっていて、中央の吹き抜けには巨大帆船遊具があり、船の上から大砲ようにボールを飛ばせたり、洞窟や港町のエリアでは音や光を五感で感じてもらうコーナーなど、ただのボールプールではないので飽きずに遊べてしまいます。

こども家族館

開館時間

9:30~17:00(夏休み期間は18:00まで)

休館日

月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(土・日曜、祝日を除く)、年末年始(12月29日~1月3日)※夏休み期間中は休まず開館

利用料金

1.4階 無料、 2.3階(ボールプール)大人210円、小中学生100円、未就学児 無料

入館料は基本無料なので、お土産が買える「わくわくショップ」などもちょっと覗いてみてはいかがでしょうか?

 

「ホテルうみんぴあ」とプールもある温泉施設「おおいの湯」

「ホテルうみんぴあ」は全室オーシャンビューのモダンな雰囲気ホテルです。宿泊はしたことはありませんが、一度は家族で泊まってみたい思っているホテルの一つです。利用料金もオフシーズンなら2名1室でも1人6000円からとリーズナブルなので、我が家でも手が届きそうです!

でも、宿泊施設以外にも、レストランやシーサイドスパは一般でも利用できる為、家族でキャンプや釣りの帰りに立ち寄らせてもらっています。いつも水着を忘れるので、お風呂だけ利用していますが、お風呂は20時半まで受付をしてくれるので、少し遅くなった帰りでも利用しやすくて便利!

水着があれば、プールフロアも同じ料金で利用できるので絶対お得です。キッズプールもあるで、小さいお子様も安心です。レンタルタオルやアメニティも購入できるで助かります。

入会金は必要ですが、期限がないので入った方がお得です。なぜかというと、二回以上行けば会員価格が通常より250円も安くなるからです!子どもは50円の差なので、大人2人分だけ会員になり、我が家はなんやかんやで6回くらい利用しました。ちなみに、利用料金はこちらです。

(一般料金)大人 800円、子ども 350円

(会員料金)大人 550円、子ども 300円

(入会金) 300円

露天風呂もあって本当に綺麗な所なので、スッキリして帰宅されたい方は、旅の途中にもオススメです。

 

ちょっとした買い足しにも便利!道の駅やスーパーも隣接

広い駐車場、周りは海という立地には更に道の駅もあります。トイレも綺麗だし、夜にはキャンピングカーやバイクもよく泊まっています。そんな道の駅ですが、やはり福井の特産品があればぜひ買いたいですよね!

実は海が近いことから、鮮魚も販売しています。当日入荷のお魚情報もHPで紹介してくれています。もちろん、定番の野菜や果物もあれば、名物の鯖寿司なども置いています。9時〜18時まで営業しているので、お土産だけでなく、朝からキャンプの買い出しにも使えそうですね。

他にもジェラートのお店やファーストフードお店もあり、店内で海をみながらゆっくりティータイムもおすすめです。平日なら「道の駅テイクアウト」という企画もしているそうで、お惣菜がよく売れる県ならではのアイデアだなと思いました!唐揚げや豚カツといったフードコートのおかずが持ち帰れるので、こちらも疲れたお母さんの支えになりそうです。15時までに電話で予約して、18時までに受け取れますよ。

「業務スーパーおおい成海店」も近くにありますので、お菓子やパンなど、旅の友の仕入れもできます。こちらは夜8時まで営業していますが、夕方にはパンは全て売り切れでした!朝から立ち寄るとお惣菜やお弁当も充実しているようなので、こちらも買い出しに便利そうです。

 

周りは海!釣りはできるの?

「うみんぴあ大飯」に立ち寄ると、周りはほとんど海でいかにも釣りができそうなのですが、ここはマリーナもあり船の出入りも多く、敷地内は釣り禁止となっています。釣りがしたいという方は、「うみんぴあ大飯マリーナ」でボートをレンタルして沖まで行く!という手もありますが、初心者にはなかなか沖釣りは怖いかも...

そんな方はには、うみんぴあ大飯から青戸の大橋を越えて海側に徒歩10分くらいの所にある「金丸渡船」から筏に渡してもらって釣りを楽しむのも一つです。カセを借りて釣り場に移動して釣りもできます。堤防釣りができる所もありますが、大物を狙う方はちょっと沖に出た方が面白そうですね!

★金丸渡船 https://kanamarutosen.com/

筏(トイレ付き) 大人4000円 小中学生2000円

カセ(1人乗り) 4000円

カセ(2人乗り) 7000円

釣竿レンタル   1本500円

かなり昔からある老舗なので、ちょっと古い感じはしますが、釣り人には人気のスポットです。筏にはトイレもついていますが、簡易的に周りを隠しているだけなので、抵抗のある方もいるかもしれません。でも釣りは一度始めるとハマってしまうんですよね...トイレが横にあるのはかなりありがたいですよ(笑)

女性には「うみんぴあ大飯マリーナ」の方がオススメかもしれませんが、釣りイベントなどの情報は毎回変わるので、一度お問い合わせくださいね。

★うみんぴあ大飯マリーナ http://uminpia-ohi-marina.marinajapan.jp/

 

気になる口コミチェック

さて、皆さん「うみんぴあ大飯」の口コミも気になるようですが、トータルすると平均★4つとかなり好評です。総合施設で、他にも観光船での「青戸クルージング」や、電気などのエネルギーについて紹介している無料施設「エルガイアおおい」もあり、本当に色々楽しむことができるので、家族連れが本当に多く人気のようですね。

また、こども家族館の周りには芝生広場があり、子どもが遊べる遊具もあります。お弁当を持って行ったり、道の駅のテイクアウトを利用して外で食べれるのも家族人気の理由です!

バリアフリーになっていたり、地元の方も利用しやすいドラッグストア「ゲンキー」やホームセンター「ナフコ」もあり、かなり充実しているエリアだと思います。観光にもちょっと休憩にも、毎日の生活にも密着した「うみんぴあ大飯」。まだまだ自粛しなければいけないことも沢山ありますが、早くいつもの賑やかな観光地の姿が各所で見られるようになってほしいですね。

 

うみんぴあ大飯まとめ

海の幸、山の幸両方が楽しめて、遊びスポットもいっぱいの「うみんぴあ大飯」は、小浜西ICからは車で6分、京都方面からは滋賀県経由で小浜方面に迎えば、2時間くらいで行けます。どの施設の駐車場も無料なので、ぜひ立ち寄ってみてください!

★うみんぴあ大飯HP https://uminpia.com/

-レジャー, 中部, 福井

© 2020 Best notes