レジャー 新潟 甲信越・北陸

上越市水族博物館うみがたり!割引料金やシロイルカ、ショー解説

2018年に「うみがたり」の愛称でリニューアルオープンしました!

新潟県で初めてとなるシロイルカの展示や、飼育数世界一のマゼランペンギンなど魅力がたくさん詰まった水族館をご紹介します!!

上越市水族博物館うみがたり 料金

料金については以下の通りです。

  個人  年間パスポート 
大人(18歳以上)  ¥1800  ¥4000 
高校生  ¥1100  ¥2400 
小・中学生  ¥900  ¥2000 
幼児(4歳以上)  ¥500  ¥1100 
シニア(65歳以上)  ¥1500  ¥3300 

上越市水族博物館うみがたり 割引

上記の表に記載してあるのですが年間パスポートは、通常料金の約2,2回分の入館料で作れます!

この価格で何度でも入館できるのはお得ですよね。

3回以上行くことで元が取れちゃいます!

年間パスポートを作成する際には注意事項がありますのでご注意ください。

※年間パスポート作成時に、写真撮影をするため本人の雷管が必要です。

※各種有料プログラムなどを利用する際には別途料金が必要です。

※利用料金、内容等は変更する場合があります。

 

上越市水族博物館うみがたり シロイルカ

シロイルカは日本国内の水族館では4館(横浜八景島、鴨川シーワールド、名古屋港水族館、島根海洋館)しか飼育されておらず、新潟県内での飼育、展示は初めてです!

とても残念ではありますが今現在、このシロイルカの展示は中止されております。

今年の7月に体調に異常が見られたため、懸命な治療をしていたそうですが亡くなってしまったとのことです。

初めての展示ということもあり、とても注目を浴びていたと思いますがまた新潟県でも元気な姿が見られたら嬉しいですよね!

上越市水族博物館うみがたりには他にもたくさんの生物が飼育されているので楽しんでくださいね。

筆者のおすすめといたしましては、「マゼランペンギン」です。

マゼランペンギンミュージアムでその姿を見ることができます。

春先になると繁殖シーズンを迎えるので、フワフワの羽毛に包まれたヒナに会うことができますよ!

 

上越市水族博物館うみがたり イルカショー時間

上越市水族博物館うみがたりでは、日本海をバックにイルカショーを楽しむことができます。

条件が良ければ美しい景色とイルカ達のジャンプが観れますよ!!

平日  土日祝日 
11:00〜11:10  10:30〜10:40 
13:00〜13:10  12:00〜12:10 
15:00〜15:10  13:30〜13:40 
  15:00〜15:10 

上記の表のような時間帯で開催しているそうです。

土日祝日は平日に比べてショーの回数も多くなっていますね。

ショーが行われるイルカスタジアムの席数は450席ほどあるそうですが、もし座れなかったとしても2階にある「イルカホール」でも水中を泳ぐイルカの姿を見ることができますよ。

他の仲間と息を合わせて泳ぐ姿に圧巻されます!

※時間帯、ショーの回数については変更がある場合があります。一度HPにてご確認ください。

 

上越市水族博物館うみがたり 混雑

ゴールデンウィークや夏休みなど長期休みの際には混雑が予想されます。

それに合わせて、平日よりも土日曜の方が混みやすいと思うのでお出かけの際には時間にゆとりを持って行かれることをお勧めします。

お勧めの時間帯は、開館直後か閉館直後です。

極端な時間帯をお勧めしてすみません。笑

落ち着いて館内を見るために何時頃が一番良いか確かめたところ、この時間帯が一番良いなという結果になりました。

日中はご家族連れや、遠方から来た方で混んでいて中々ゆっくりと回ることができず一つ一つのブースもよく見れないともったいないので。。

デートで行くのであればこの時間帯で行って観てくださいね!

 

上越市水族博物館うみがたり まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本海の絶景と海の生物達に魅了されること間違いなしです!

この記事では紹介しきれていないブースが他にもたくさんあって、タッチングプールで海の生き物達と直接触れ合うことができたり、フィーディングプールではニシキゴイに餌やりができるようになっています。

詳しくは上越市水族博物館上越市水族博物館うみがたりのHPをご覧くださいね。

シーズンごとにイベントがあって毎月行っても楽しいですよ。

小さなお子様が飽きないような工夫がされていて、もちろん大人も楽しめるそんな水族館です。

リニューアルオープンしたということもあり、館内は清潔感があっておしゃれな作りになっています。

ご家族連れだけでなく、デートで行くのもおすすめのスポットです!

今度のお休みには足を運んでみてはいかがでしょうか。

-レジャー, 新潟, 甲信越・北陸

© 2020 Best notes