レジャー 中部 岐阜

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館のアクセスや料金、展示機イベント

岐阜県各務原市、航空自衛隊岐阜基地そばの航空機好きにはたまらない博物館、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館をご存知ですか?

愛称「空宙博」(そらはく)として親しまれるこの博物館は、国内唯一の本格的な航空と宇宙の専門博物館です。

どうやって行ったらいいのかな?

どんな航空機があるの?

どんなことができるのかな?

岐阜県にいながら、空へ、宇宙への夢が広がる博物館についてご紹介します。

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館へのアクセス

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館は名鉄各務原線の「各務原市役所前駅」から約4キロの場所にあります。

駅からは、各務原市ふれあいバス「川島線」で約15分、もしくは「稲羽線」で約30分乗車後、「航空宇宙博物館」バス停で下車してください。

また、徒歩であれば、約1時間でつきます。

航空自衛隊岐阜基地周辺を歩いて行くことになるので、タイミングが合えば、博物館に着く前から間近で航空機を見ることができますよ。

車で訪問する際は、博物館前に無料駐車場がありますのでそちらを利用してください。

普通自動車約550台収容可ですので、駐車できなくて困る。ということはないかと思います。

原則、第一火曜日(休日の場合、翌平日)と年末年始が休館日になっていますが、夏休み期間や、メンテナンス期間など休館日が変更になる場合があるので事前に確認をお勧めします。

また、開館時間については曜日によって異なりますのでこちらも事前に確認してください。

 

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館の料金

個人であれば、大人は800円、60歳以上と高校生は500円、中学生以下は無料となっています。

年間パスポートが大人2,000円、60歳以上と高校生1,300円で用意されていますので、年に何度も通いたい!と思った方は是非こちらを利用するといいかと思います。

愛知県豊山市にある、県営名古屋空港そばの「あいち航空ミュージアム」との共通入館券も購入可能です。

こちらの料金は、大人1,400円、60歳以上1,100円、大学生1,300円、高校生1,000円となっています。

「あいち航空ミュージアム」の入館券が大人800円となっていますので、購入から6ヶ月以内に両博物館に訪問する予定があれば共通入館券購入がお得ですよ。

 

こんな展示機があります

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館は大きく「人類の航空技術開発の歴史と物語にふれる「航空エリア」」と「人類の宇宙への挑戦の物語と、最新テクノロジーを体感する「宇宙エリア」」に分かれます。

「宇宙エリア」では、H3ロケットなど、近年の代表的な国産ロケット模型や無人探査機の模型を見ることができます。

中でも、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」の実物大模型は実際に中に入って細部まで見ることができるので、「こんなものがついてたんだ!」と大人も子供も発見が多いかと思います。

是非じっくり観察なさってください。

「航空エリア」では、航空機産業の始まりから、2度の世界大戦前、戦中、戦後にわたっての航空機の変遷を実機と実寸大模型で見ることができます。

旅客機ではなく、実験飛行艇や練習機、研究機などを中心に展示されていることが特徴です。

どの航空機も、ロープ等で区切られており実際に触ることはできませんが、その大きさを間近で感じられるようになっています。

また、第2時世界大戦中に開発された三式戦闘機二型「飛燕」(川崎キ61-II改)は、国内で唯一現存する実機を展示しながら、他の航空機と同じく間近でその大きさを感じることができます。

見るだけでなく、実際に旅客機・小型ジェット機シュミレータやヘリコプターの操縦体験を通して航空機が飛ぶ仕組みを学べる施設もあります。

年齢、身長等制限があるものもありますので、事前に確認してくださいね。

屋内展示だけでなく、屋外でも駐車場から建物入り口までに実機の展示がされています。

こちらも「近い!」距離で航空機を見ることができますので、ゆっくり見て回ってください。

 

楽しいイベント

この博物館は、見て回るだけではありません。

自分の手で飛行機やロケットを作ったり、飛ばしたり、ロボット製作をしたり、航空に関わる方の話を聞けたりと様々なイベントを楽しめます。

普段は公開していない展示機の機内を特別公開することもあり、より深く知りたい!という方にはお勧めです。

基本的に、どのイベントや講座についても人数制限がありますので、訪問前に確認しておくことが必要です。

当日先着順で受け付けるイベントも多いですが、特別展示にかかる講演会など、事前申込みが必要なイベントもありますので、注意してくださいね。

また、「月いち そらはくシネマ」では月一回、シアタールームで映画を楽しむことができます。

通年行われるイベントもありますが、内容を変えながら楽しめるものも大変多いです。

是非、チェックして何度も体験してみてください。

 

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館でランチ。持ち込みはできるの?

博物館には「空宙博カフェ」があります。

ここでは、航空・宇宙にちなんだ、空宙博オリジナルメニューを楽しむことができます。

食事メニューからデザートメニューまで揃っているので、食事タイムとしてもおやつタイムとしてもお勧めです。

入館料不要のエリアにあるので、ふらっと訪れて、屋外の展示機を眺めながら楽しいランチ、カフェタイムを過ごすこともできますよ。

「空宙博カフェ」、館内ともにお弁当類の持ち込みはできません。

ただし、屋外にはベンチやテーブルがありますので、そちらで飲食することができます。

芝生広場もありますので、屋内展示をまだ見たいけど、ちょっと疲れちゃったな。というときには、少し外に出てのんびりした後、当日に限り再入館も可能です。

屋外展示場の東側には、大きな屋根のあるイベントテントが設置されていますので、雨の日などはこちらでお弁当を食べることもできますよ。

 

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館まとめ

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館は、見て、学んで、体験して、そして食べて。と楽しいこと満載の博物館です。

直接行って、航空機に圧倒されるもよし。事前にしっかりチェックして様々なイベントを楽しむもよし。と楽しみ方は多彩です。

是非、自分なりの楽しみ方で「空」を感じてくださいね。

-レジャー, 中部, 岐阜

© 2020 Best notes