レジャー 京都 関西

嵯峨野トロッコ列車の予約や料金、駐車場や乗り方、ルートガイド

嵯峨野トロッコは、京都の嵐山から亀岡市までの間をゆっくりとトロッコで過ごすことのできる人気スポットです。

四季折々の風景を眺めることができ、子どもから大人まで幅広い年齢層の人が楽しむことができます。

ここでは、風情ある嵐山を堪能できる嵯峨野トロッコについて紹介します。休日の行き先に困っている人は、ぜひ一度足を運んでみてください。

嵯峨野トロッコ列車の乗り方

嵯峨野トロッコには嵯峨駅、嵐山駅、保津峡駅、亀岡駅の4つの駅があります。自分の予定に合わせてどの駅からも乗車可能で、そばにJR嵯峨野線が通っていてアクセスもしやすくなっています。

電車を利用して嵯峨野トロッコに乗るのであれば、トロッコ乗り場まで徒歩5分の嵯峨駅か徒歩10分の亀岡駅がおすすめです。ちなみに私は子どもと一緒であること、嵐山で食事したりやお土産物を見たりしたかったので、近くの駐車場に車を停めて嵐山駅まで歩きながら散策しました。

お店を見たり、景色を眺めたりしていたので、時間はあまり気にならい程よい距離でした。JR京都駅から嵯峨嵐山駅までは15分ほどで到着するので、一緒に行く人や出発する場所によっては電車の方が楽かもしれませんね。

ちなみに私が利用した駐車場は「京都市嵐山観光駐車場」です。普通車は105台まで収容可能な上、1日1000円で利用できるのでおすすめです。すぐそばにはお食事処やお土産屋さんもあり、観光にピッタリな駐車場ですよ。

 

予約方法とチケットの購入方法

嵯峨野トロッコの予約方法はインターネットでJ-WESTネットに会員登録し、5時半から23時半までの間であればインターネット予約サービスから事前予約できます。

ちなみに会員登録は無料、支払い方法はクレジットカードでしかできないので注意してください。予約可能期間は、1ヶ月前の10時から発車時間30分前までです。事前に切符を受け取る必要があるので、当日に予約するのはやめた方がいいかもしれません。

予約したチケットは、当日JR西日本のみどりの窓口かみどりの券売機のみで受け取ることができます。他の駅やトロッコの窓口では受取りができないので、充分に注意しておきましょう!

受け取りの際には予約番号と会員登録に使用した電話番号、使用したクレジットカードを準備する必要があります。用紙かスマホにメモしておけば、スムーズに手続きが行えるのでおすすめです。

インターネット予約では事前に席を指定できないので、その点だけ考慮しておいてください。人数が多かったり、小さな子どもがいたりする関係で席を指定したい場合は、窓口に直接行ってチケットを購入しましょう。

チケットの購入方法は、嵯峨野トロッコの各駅において1日分の乗車券を先着順にて販売しています。全席指定席で禁煙なので予約席以外の座席が埋まると、立席券が枚数制限付きで販売されています。

料金は12歳以上と大人が一律630円、6歳以上12歳未満が320円です。1歳以下の乳児は無料、1歳以上6歳未満の子どもも保護者と一緒に座席を利用するのであれば無料になります。

当日に窓口で購入すると席が離れたり、購入できなかったりすることがあるので、私は事前にインターネット予約をしました。

予約を完了するとクレジット決済してしまうので、内容を間違えた場合は1度だけ無料で変更できます。2回目以降は払い戻し料が220円かかるので、しっかりと確認して予約しましょう。

 

嵯峨野トロッコ列車のルートと時間

嵯峨野トロッコ列車のルートは下りが嵯峨、嵐山、保津峡、亀岡駅の順で、上りが亀岡、保津峡、嵐山、嵯峨駅の順に運行しています。

運行時間は始発が下り9:02、上り9:30、最終が下り16:02、上り16:30です。その間は1時間ごとに運行しているので、都合のいい時間を選ぶことができます。

ちなみに私はせっかくの旅行ということで、嵐山駅から乗車して往復でトロッコからの景色を堪能しました。往復にしないと嵐山駅まで戻れないという理由もありましたが、しっかりと満喫できました。時間のある方は、ぜひ往復で利用してみてくださいね!

 

見どころ時期

嵯峨野トロッコは、嵯峨駅から亀岡駅まで約7.5kmある距離を自転車に近い時速25kmの早さでゆっくりと景観を堪能することができます。

見どころは、春に咲く満開の桜や秋の紅葉が特に魅力です。それ以外でも、夏の新緑や冬の雪景色など素晴らしい景色を楽しむことができます。

桜の時期は、4月上旬が見どころとなっています。沿線には700本以上もの桜が植樹されていて、亀岡駅到着前では桜のトンネルを眺めることができます。

紅葉の時期は、11月中旬から12月上旬が見どころとなっています。その時期に合わせて、夕方にはライトアップ演出も行われており、紅葉の時期にしか味わえない景色です。

ちなみに私は夏に行ったので、綺麗な新緑を眺めながら保津川沿いでは涼しさを感じながらトロッコ列車を楽しみました。それぞれの季節で見どころのあるスポットなので、自分の好きな季節にぜひ足を運んでみてください。

 

周辺のお店や飲食店について

嵯峨野トロッコ列車の駅周辺には、嵯峨野トロッコグッズの販売された「京都嵯峨野 京まつり」といったお土産ショップが嵯峨駅と亀岡駅のそばにあります。

その他にも、和スイーツや洋食、ファストフードを味わえるカフェもたくさんあります。嵐山駅のそばには、品のある佇まいの竹取茶屋というお茶屋さんがあります。

私は昼食に、京福嵐山本線の嵐山駅のそばにある「ぎゃあてい」という京おばんざいを堪能できるお店を利用しました。周りにはお土産屋さんやカフェも多く、1日中でも楽しめそうでした。

嵯峨野トロッコは散策できるところもたくさんあるので、家族みんなで楽しめる自然豊かなおすすめスポットです。

 

嵯峨野トロッコまとめ

ここでは、嵯峨野トロッコの乗り方や予約方法、チケットの購入方法、見どころの時期や周辺情報など、嵯峨野トロッコを利用したいと考えている人に知っておいてもらいたいことを紹介してきました。どの時期に行っても楽しめるスポットですので、ぜひお出かけ先の候補に入れてみてください。

-レジャー, 京都, 関西

© 2020 Best notes