レジャー 神奈川 関東

さがみ湖リゾートプレジャーフォレストのキャンプや宿泊、割引解説

このページを見れば、さがみ湖リゾート プレジャーフォレストの全てが分かる!

皆さん、さがみ湖リゾート プレジャーフォレストは1日中遊べ、宿泊やBBQを楽しめる事、ご存じですか?

そもそもどこにあるか分からない、アクセス方法が分からない、聞いた事はあるけどどんな施設があるのか知らない、宿泊方法や大人数でお得に楽しみたい!等様々な疑問や分からない事があると思います。このページでは、さがみ湖リゾート プレジャーフォレストのアクセスからおすすめの楽しみ方まで、リピーターである筆者が実体験をもとに皆さんへさがみ湖リゾート プレジャーフォレストの魅力をお伝えしていきます。

さがみ湖リゾート プレジャーフォレストへのアクセス

~都心から車で50分!公共交通機関で最速1時間!~

さがみ湖リゾート プレジャーフォレストは都心(新宿)から車で50分、公共交通機関で最速1時間というアクセスの良さが大きな魅力です。さがみ湖リゾート プレジャーフォレストは神奈川県相模原市という所にあります。立地だけ見ると、かなり山奥で行きづらい所かと思われるかもしれません。

実際に新宿から車で中央道を使い、空いていると本当に1時間足らずで着くだけでなく、電車とバスを乗り継いでも新宿からでも1時間20分程あれば着いてしまうのです。都心から僅か1時間ほどのアクセスで、人里離れた風光明媚な場所に行けて、手軽にリフレッシュ出来るのです。都心からだけでなく、横浜からのアクセスでも車、公共交通機関共に1時間30分あれば十分にさがみ湖リゾート プレジャーフォレストに着くことが出来ます。

筆者のおすすめのアクセス方法は車で行くことです。公共交通機関で移動するより、早く着けること、電車と違ってあえて高速を降りて下道を走っても、相模湖からすぐお隣の八王子市にある小さな牧場に寄ってみること、風光明媚な高尾山等の観光スポットを楽しみながらドライブ出来るという電車やバスに比べ柔軟な対応がしやすいからです。

ちなみにさがみ湖リゾート プレジャーフォレストの駐車場収容台数は約2500台という非常に大きな駐車場で、GWやクリスマス等の繁忙期を除けば、ほぼ確実に園内に止められます。なので、駐車場の確保を気にしなくても安心して、お好みのスケジュールを組める点も車で行くことがお勧めできるポイントです。

 

園内の施設、おすすめのアトラクション

さがみ湖リゾート プレジャーフォレストへのアクセスを知ったところで、次は園内にどのようなアトラクションや施設があるのかご紹介します。

敷地面積約150万平方メートルという、聞いただけでも広大な面積の中には遊園地のような、可愛らしく小さなお子さんでも楽しめる遊具や、大人も楽しめる大型体験型アトラクション、カート場もあります。更に遊び疲れた身体を癒す温泉、家族や友人たちと楽しめるBBQ会場やキャンプサイトを併設し、1日を通して楽しむ事が出来ます。また季節限定で行われるイベントがあり、その季節ごとに景色を変える園内で楽しむ事が出来ます。

人気のアトラクションは世界初(さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト調べ)の吊り橋系アトラクション「風天」と、巨大クライミングアトラクションの「マッスルモンスター」です。

風天

「風天」は標高約370メートルの山頂に出現した様々な吊り橋を命綱と、自らの度胸を頼りに渡る絶叫系のアトラクションです。難易度別に4つのコースがあります。最長のコースは全長50メートル、最高部の高さは22メートルにもなり、眼下には相模湖の美しい風景が広がります。しかし、大概そんな景色を楽しむ余裕は無く、ちゃんと手すりとなるワイヤーが両サイドにかけてはありますが、コースによっては微妙に足を置く踏み板の歩幅が違うこと、単純に真っすぐ歩けないようにしてある踏み板があり、恐怖との闘いが続く事でしょう。

マッスルモンスター

「風天」と一見似たようなアトラクションですが、個人的におすすめしたいのが、「マッスルモンスター」です。「風天」に比べて、多種多様な遊び方が出来て、自分の出来そうな難易度にコースを設定出来て、展望台があることからしっかりと相模湖を中心とした絶景ポイントを楽しむ事が出来る点がおすすめ理由です。「マッスルモンスター」は3階層のアスレチックエリアと屋上展望台で構成されており、92種類ものアスレチックがあります。「風天」が1階層な事に比べて、3階層であるため登れば登るほど景色が変わるのを楽しめます。

またアスレチックの種類が多く、ボルダリングや細い板の上を自転車で走るサイクリングコース等、色々なスリルを味わえます。また個人的には「風天」よりも難易度の高いアトラクションが多いので、より自分の度胸試しと、中名前に進めないもどかしさ、やり切った後の達成感が大きく感じられます。もしもアトラクションの途中で立ち行かなくなっても、従業員の方が助けて下さるので安心です。写真映えするエリアも多いので、是非さがみ湖リゾート プレジャーフォレストに行かれる際は挑戦して頂きたいアトラクションです。

ただし、「マッスルモンスター」はとても人気のアトラクションなので、挑戦する際は、1週間前(最悪2、3日前)に予約して時間に余裕を持った行動をお勧めします。また身長と体重にも制限が設けられているのでご注意下さい。また「マッスルモンスター」や「風天」にチャレンジするときはジャージ等の動きやすい服装で行かれることをお勧めします。デニム等の伸縮性のあまりない素材で挑むともう一歩足や手が伸び切らず、もどかしい思いをします。

ご紹介した2つのアトラクションだけでなく、アイテムを使って移動するアトラクションの「天狗道場」や絶景をのんびり楽しめるリフトや観覧車、全長800メートルの本格的なコースを持つF1カートや、アップダウンが激しくよりハードなバギーカート等々他にも沢山のアトラクションが1日では遊び切れない程あるので、「マッスルモンスター」の予約時間までの待ち時間を有効に使ってさがみ湖リゾート プレジャーフォレストを楽しみましょう。

また園内にはフードコートや温泉もあるので、お腹が空きと疲れを癒すのに利用してみて下さい。温泉は高濃度炭酸泉で、肩こり、腰痛、疲労回復等々遊び疲れた身体を癒すにはうってつけです。また露天風呂からは、近隣の山々が見えて非常に開放的です。温泉は毎日営業していて、アトラクション等が稼働していない日でも温泉目当てに来られる方が多いほどの人気です。館内も狭すぎず、華美過ぎず非常にのんびりとした時間が流れる良き空間となっています。またバスタオルをレンタル出来るサービスもあるので、余計な荷物を持つことなく温泉を訪れる事が出来ます。

 

おすすめの宿泊方法

ここからはさがみ湖リゾート プレジャーフォレストを1日だけでなく、2日も3日も楽しみたい方へのおすすめの宿泊方法をお伝えします。さがみ湖リゾート プレジャーフォレストの近隣に多くのホテルがありますが、筆者のおすすめはキャンプでの宿泊をおすすめします。

キャンプというと、昨今ソロキャンプ等おひとり様でのキャンプでSNSを中心に盛り上がりを見せていますが、「テントを設置することや、キャンプ用の食材や資材を買って持ってくるのが面倒・・・」という方も多いかもしれません。しかしさがみ湖リゾート プレジャーフォレストには、常時設置済みのテントやコテージが豊富にあり、BBQを楽しむための食材や、資材が購買出来るため、手ぶらでも余裕で楽しむ事が出来ます。テントやコテージのタイプによってはBBQエリアも併設されているので、大きな調理器具を車に積み込む必要もありません。予算や人数、好みに合った泊まり方が出来ることからもおすすめできます。

キャンプとアトラクションがある遊園地エリアは車で5分程の距離があり、山あいということもありアップダウンが激しく、重めの荷物を持って歩いたり遊園地や温泉エリアを往復するには中々キツいので、自家用車もしくはキャンプ場と園内を不定期でつなぐバスがあるので是非利用することをお勧めします。

またどのような宿泊プランでも、宿泊期間中の2日間さがみ湖リゾート プレジャーフォレストへの入園料が含まれる形となっており、お得にアトラクションを楽しめるのも大きな魅力です。ネット予約も可能で、宿泊期間の混雑状況によっては宿泊料金に変動があるので、公式ホームページを確認してみて下さい、よりお得にキャンプを楽しめるかもしれません。

予算に余裕があって、楽にキャンプを味わいたいのなら、スリーパータイプの宿泊施設か、トレーラーハウスタイプがおすすめです。ベッドや枕等の寝具類は勿論、トイレ、シャワーやアメニティ、冷暖房付き(一部エアコンのみ)でBBQエリアも完備し、食器や調理器具も備え付けられていて素泊まりプラン以外なら食材の用意も必要なしで快適にキャンプが出来ます。どのトレーラーハウスやスリーパーも非常に綺麗な印象でした。

しかし、トレーラーハウスは多少の狭さを感じるので、より余裕を持って過ごしたい方や、大人数での宿泊ならスリーパータイプでの宿泊をお勧めします。1泊2食つきのプランで1名当たりの最低料金が1万円~となっています。

より手ごろな値段で宿泊したければ、ログキャビンタイプかセットアップテントサイトをお勧めします。シャワーや空調、食器が無いプランもあり、不便な部分はありますが、共同のシャワー施設も利用可能で、宿泊付きプランなら、夕食材や朝食代も付いて1人当たりの宿泊料金も1万円を切るプランばかりで、よりお手頃価格でキャンプを楽しむのにはお勧めです。

ただし、冬季の12月1日~翌年の3月31日までは閉鎖されてしまうのでご注意ください。また自然に近いので、カラスや、猪といった動物に食料を奪われる可能性もあるので、食材や身の回りの物の管理には要注意です。また、春から秋にかけては虫も多いので、虫よけや蚊取り線香を用意しておくとより快適に過ごすことが出来ます。

キャンプでの宿泊のコツとしては、直近や宿泊当日で予約しようとすると、1番高い料金プランになり、1.5倍以上値段が違ってしまうこともあるので、2週間後からその先を目安に予定を立てておくと良いでしょう。また当日予約では、食材等が用意されるプランは予約出来ず、素泊まりプランになってしまうので予約をおすすめします。また予約のキャンセルや人数変更は宿泊予定3日前の17時まで可能ですが、それ以降のキャンセルや人数変更では宿泊料金や人数変更分の全額キャンセル料が発生してしまうので注意が必要です。

 

さがみ湖リゾート プレジャーフォレストの割引

さがみ湖リゾート プレジャーフォレストでは、メルマガ割引や、事前予約割引、団体割引等、数多くの割引があります。また宿泊付きキャンプやBBQ施設の併用利用で遊園地への入園料が無料になるプランもあります。

日帰りで遊園地を目いっぱい楽しみたいなら、入園券+アトラクション遊び放題のフリーパスがお得です。さらにこの入園券やフリーパスがセットはさがみ湖リゾート プレジャーフォレストのメールマガジン登録で割引があります。通常入園券大人1800円のところ1500円に、フリーパス付入園券では大人4300円のところ、3900円と400円もお得に楽しめます。メールマガジン登録をすると、お誕生月の割引もメールマガジン割引と併用されるので、更にお得に楽しめます。

遊園地と温泉施設が利用できるフリーパス+温泉入浴券付きの券を買うと、200円割引でいちいちアトラクションごとに支払いすることなく、1日楽しめて疲れも癒せて日帰りする事が出来るので、おすすめです。

宿泊をして楽しみたいなら、さがみ湖リゾート プレジャーフォレストやキャンプ場を運営するPICA相模湖のホームページからであれば、見やすく空き室状況やプランの違いを検討出来るのでおすすめします。

宿泊付きプランならトレーラータイプから常設のテントタイプ(冬季クローズ)まで、泊数が選べるフリーパス付の宿泊プランがお得で、チケットをいちいち買う手間が省けることや、BBQの材料や朝食も用意してもらえるので、ストレスフリーで目一杯キャンプやアトラクションを楽しむ事が出来ます。

更に金曜日から同一施設で2連泊以上の宿泊でオートキャンプサイトでの宿泊代は無料、常設テントからトレーラーハウスまでのコテージ類の宿泊代が半額になる「ハッピーフライデー割引」、日曜日から2連泊以上でオートキャンプサイトでの宿泊代が無料、コテージ類が半額になる「アフターホリデー割引」というお得な割引があるので、有効活用してみて下さい。

 

さがみ湖リゾート プレジャーフォレストの混雑状況

さがみ湖リゾート プレジャーフォレストでは、GWやクリスマスで季節ごとに園内でイベントが開かれます。このような連休や祝日では高速道路や相模湖周辺の道路で渋滞が見られ、最悪1時間単位で巻き込まれることもあります。おすすめは、春、秋、年明け後の冬の平日。平日なら道路にも余裕があり、様々な施設も並ばずに楽しめる場合が多いからです。

人気の施設は先述しましたが、体験型アスレチックの「マッスルモンスター」や「風天」です。予約制なので当日時間を守れば待たずに遊べますが、1日で体験出来る人数は決まっており、早めに予約が埋まる場合あるため、ホームページや電話での確認が必須と言えます。

キャンプ場は常設タイプの宿泊施設が人気で、夏休みや週末を中心にかなり予約が取りづらい状況になります。1,2か月前から予定を立てて予約を取ることが有効です。

 

さがみ湖リゾート プレジャーフォレストまとめ

皆さんにここまでさがみ湖リゾート プレジャーフォレストのアクセスやおすすめのアトラクション、宿泊方法をお伝えしてきました。アクセス抜群、大人も子供も楽しめるアトラクションや施設があって、快適にキャンプも出来る。そんな魅力あふれるさがみ湖リゾート プレジャーフォレスト、是非この記事を参考にしならご自身の五感を開放して楽しんでみて下さい!きっといい思い出になることでしょう。

-レジャー, 神奈川, 関東

© 2020 Best notes