レジャー 沖縄

沖縄こどもの国!アクセスやレストラン、楽しみ方や所要時間紹介

沖縄県1の動物園、沖縄こどもの国!

観光に来た際にはぜひ行ってほしいオススメの場所であり、県外の方でも、「名前は聞いたことある!」という方多いですよね~

私自身も沖縄こどもの国大好きで、小さい時から何度も行っています(〃▽〃)

ですが、空港からすぐ近いわけでもなく、モノレールが近くに通っているわけでもないので

どんな場所かちゃんと知ってから行きたいはずです。。

そこで、沖縄こどもの国の基本情報~大人でも楽しめるオススメの遊び方まで、

魅力盛沢山でまとめてみました!!

家族旅行はもちろん、デートスポットとしても人気な「沖縄こどもの国」

きっとこれを読めば楽しめること間違いナシでしょう!☆

沖縄こどもの国のアクセス~営業時間・料金体制まで

アクセス

住所:沖縄県沖縄市胡屋5丁目7番1号

ゆいレール那覇空港駅から旭橋駅まで行き、那覇バスターミナルで23、27、31、90系統バスに乗り

中の町下車 そこから 徒歩15分程で着きます。

車だと 沖縄自動車道沖縄南IC から約5分程です。

駐車場ももちろんあります♪(300台ほど)

営業時間

4-9月の夏時間は 9:30~18:00(最終入場17:00)

10-3月の冬時間は 9:30~17:30(最終入場16:30)

休園日は 毎週火曜日 です。

料金

沖縄こどもの国 入園料

大人:¥500

中学生・高校生:¥200

4歳~小学生:¥100

3歳まで:無料

※ 原則現金払いです。ご注意ください。

 

ホワイトライオンや沖縄の固有種など、約200種の動物たち

広々とした園内で暮らすのは、約200種の動物たち。

その中には、ヤクシマザルや与那国馬、リュウキュウオオコノハズクなど、沖縄にしか生息しない動物もたくさんいます。

そして、結構ポピュラーなものでいえば ゾウ キリン カバ ライオン ワニ サル などなど。。

少し珍しいものではホワイトライオンもいます!

神秘的かつ大迫力。私は圧倒されて、20分くらい見ていました(笑)

それから蛇やトカゲなどを飼育している「爬虫類館」もあります。

好きな人は好きですよね~!私も大好きです(笑)

とても暑い沖縄なので、暑さに負けそうになっている子も多いですが、運が良ければ遊んでいる可愛い姿が見られるかもしれないです!(^^)!

 

動物だけじゃない!沖縄こどもの国は楽しみ方いっぱい

園内には、動物園エリアのほかにも遊べるところがあります。

体験型の科学館「ワンダーミュージアム」

入館料 大人     ¥500

4~18歳  ¥100

3歳以下   ¥無料

幻想的なものが見れたり不思議な現象を起こせたりして、中々「おぉ~!」ってなります(笑)

ここは、週末はワークショップをやっていて、オリジナルのアイテムが作れたり

面白いものを見れたりひらめきがあったり…大人になってから行っても毎回楽しませてもらってます。

乗り物コーナー

列車・メリーゴーランド ¥200

ミニカート       ¥100

ふれあいコーナー

モルモットやウサギ、ひよこなどの小動物と触れ合うことができます。

ちゃんと手洗いコーナーもありますよ~!!

(無料)

バードウォッチングデッキ

釣り堀       ¥300

(土日祝のみ)

デッキでは、鴨や鯉に餌を買って与えることができます。(自販機で100円)

餌を持ってることがわかると、魚も黒鳥もハトもすごく寄ってきます!

近すぎてタジタジして、怖くなって最後は残ってる分全部池に投げて、逃げるようにしてデッキを立ち去るのが私のお決まりです。(笑)

 

沖縄こどもの国の所要時間

大体2時間前後で見られると思います。

私は行くといつも、ゆっくり回ってまた2週目と前の動物に戻ったりとかでゆっくりゆっくりするので、

3時間くらいいます。

 

沖縄こどもの国のレストラン「海族工房」

駐車場横にあるチルドレンズセンター1Fにあるレストラン、「海族工房」

11:00~17:00までで、15時までは食べ放題のランチバイキングです!

大人(中学生以上)  ¥1500

小学生        ¥700

3~6歳       ¥450

沖縄料理を中心としたメニューになっていて、子供にも食べられるメニューもたくさんです。

お腹がすいたらぜひぜひ行ってみてください。

沖縄こどもの国まとめ

いくら楽しいといっても、沖縄の夏は本当に暑く、私たち地元民ですら日差しは刺すように痛いです。

お子様連れの方、ハイヒールの方、本当にご注意です。なんせ200種の動物たちが暮らしています。結構歩きますよ(笑)

なので、私は冬に行くのが好きですね~。気温が高くないので、暖かくしていけば夏より断然過ごしやすいです。

特にクリスマスシーズンはイルミネーションで彩られ綺麗ですよ。

夏は日焼け対策、日傘や水分補給は必須です。お忘れなく!

ここまで読んでくださりありがとうございます。

生でしか感じられない魅力や、私が見つけられなかった魅力もきっと発見できるはず!

沖縄に旅行に来た際は、ぜひ行ってみてください!

-レジャー, 沖縄

© 2020 Best notes