レジャー

のこのしまアイランドパークの行き方や割引料金、宿泊、食事情報

みなさま、夏休みはどうお過ごしですか?
福岡市内から10分の船旅で行ける能古島。
能古島にはアイランドパークという1日遊べる自然公園があり、年齢問わず大人気!
人気の理由や、アクセス方法などを知りたいと思いませんか?
この記事を読むと、安心して、のこのしまアイランドパークを楽しめますよ。

のこのしまアイランドパークのアクセス、料金、園内マップ

能古島は、福岡県福岡市西区に所属する島で、船旅で10分で行ける場所。船酔いもする暇なく着いてしまいますよ。船からは福岡空港に着陸する飛行機や、漁船、福岡市の景観を楽しみながらの船旅です。小さなお子さんからお年寄りまで楽し目ますね。

〈アクセス〉
⑴「姪浜渡船場」からフェリーで「能古島渡船場」へ
・片道大人¥230 子ども¥120
・能古島行きフェリー乗船場横に有料の駐車場あり
1日の駐車料金は500円(1泊2日は1,000円)
\車も乗れるよ/       \船の外と中から景色を楽しめるよ/

⑵「能古島渡船場」から西鉄バスで「アイランドパーク」へ
・(片道)大人¥240 子ども¥120
・タクシーも停泊しています
・車を能古島まで乗り入れることも可能
5m未満:5,040円(往復) 4m未満:3,140円(往復)
※フェリーに乗るには台数制限があり、予約不可なのでご注意を!
〈料金〉
大人(高校生以上)¥1200
子ども(小中学生)¥600
幼児(3歳以上)¥400
※30名以上は2割引き
※学校遠足は100名以上で、高校生¥300 中学生¥250 小学生200

〈園内マップ〉

移動は全部、近場にあるので利便性もバッチリ!迷子になることなく、目的地に行くことができます。お花のシーズン時は臨時バスも随時出ているので安心です。

 

パークで食事ができるレストラン、カフェ紹介

喫茶 夢路(ゆめじ)

レトロなカフェ。テーブル席とテラス席があり、コーヒー、ジュース、スイーツがあります。歩き疲れた時に、ゆっくりするには最適です。

耕ちゃんうどん

能古島の名物、能古うどん♪細めんでコシがあって美味しい。
メニューは、冷やしうどん、釜揚げうどん、肉うどん、きなこ餅。
きなこ餅はとろ〜り柔らかくて格別です♡
\急な雨でも、強い日差しも防げるように色んなところにフリーの傘が置いてあります/

レストラン防人

海や花畑を一望しながら食事ができます。テーブル席、テラス席、座敷席(団体様用)あり。メニューもドリンクも豊富です!近くにアイスクリーム屋さんもあり、何を食べるか迷ってしまいます♪絶景を見ながらのビールは格別です!
バーベキューハウスも隣接しています。手ぶらで気軽にバーベキューを楽しめます。炭もスタッフが起こしてくれるので嬉しい。雨天でも楽しめる屋内バーベキュー場もあり、安心して過ごせますね。

View this post on Instagram

あーつーいー🔥

A post shared by yuki (@y.n___17) on

 

のこのしまアイランドパークに宿泊しよう♪

アイランドパーク内には宿泊できる一戸建てタイプのコテージが10棟あり、海や花畑を一望できます。夜は福岡市の夜景を楽しむことができます。
※大自然なので虫除けスプレーがあると安心です
チェックイン:15:00~17:00 / 翌朝10:00
店員:一棟6名様まで。増員は相談あり。
料金:大人¥7,000 小学生¥4,000 3歳以上¥2,000

〈宿泊者特権!?〉
宿泊時のアイランドパークの入園料は無料。
能古島キャンプ村・海水浴場の利用料が半額。

日常を忘れて、思いっきり能古島を満喫できます♬

能古島のおすすめの観光スポット

能古島キャンプ村・海水浴場(5月〜9月)

海で泳いでキャンプもできる♪手ぶらでバーベキューもできますよ。
料金:小学生¥800・幼児(3歳以上)¥500
駐車場:あり

能古博物館で歴史を知ろう

愛称は海の見える博物館。写真展『阿波船(あわせん)と福岡市の以西底引き網漁業』などを展示しています。
料金:大人¥400  高校生以下無料 グループ特典20名以上2割引

能古島展望台

博多湾、福岡市内を一望できます。
主に夏場がシーズンでどの観光スポットも大賑わい!
あなたはどこがお好みですか?
よくばって全部回るのも全然ありの能古島です!

 

コロナ対策、開園状況

のこのしまアイランドパークは直ぐに閉園になる予定はありません。自然公園のため、密になる可能性が低い環境です。しかし、その中でも密になる場所では様々な対策をしています。

チケット売り場でソーシャルディスタンスを守れるように、コーンを設置。レジでは、飛沫防止フィルム、手指の消毒スプレーを徹底しています。

交通機関では、乗船も可能のため、人と接しないことが可能。渡船場から徒歩でアイランドパークへ行くことも可能です(3km)
引用:http://nokonoshima.com/wpcms/wp-content/uploads/2015/07/317adc7caae7840186b58f9fd636e9e1.pdf

 

まとめ


いかがでしたか?

のこのしまアイランドパークの魅力をご紹介しました。一番の魅力は利便性だと思います。福岡市内から10分の船旅で、大自然の世界へ連れて行ってくれる。
のこのしまアイランドパークでは、1日のんびりもあり。思いっきり身体を動かすもあり。景色を楽し見ながらおしゃべりするのもあり。人によって楽しみ方は多様です。
コロナ感染拡大で、遊びに行く場所が限られている中で、ルールを守って安全、安心に楽しむことができる場所。のこのしまアイランドパークを体験してみませんか?

-レジャー

© 2020 Best notes