レジャー

名古屋港水族館の料金や営業時間、シャチやイルカショーガイド!

名古屋を代表する観光スポットである名古屋港水族館。

行く前に基本情報やおすすめなどを知っておきたいと思いませんか?これさえ知っておけばOKな予習ポイントを紹介します。

名古屋港水族館は家族や恋人、友人と、誰と行っても楽しむことができます。予算やスケジュール組み、見ておきたいコーナーなど基本情報をピックアップしました。より一層楽しい時間を過ごすために、事前の情報収集は抜かりなくいきましょう!

名古屋港水族館の料金

名古屋港水族館の入場料は以下の通りです。

高校生以上:2030円

小中学生:1010円

4歳以上:500円

3歳以下は無料になっています。これだけ大きな水族館で飼育されている魚の種類を考えれば、かなり良心的な価格設定!水族館は小さなお子様でも見て楽しめる場所なのでうれしいですよね。

さらに当日であれば何度も再入場できるシステムになっています。名古屋港ガーデンふ頭にあるのでまわりの景色もとても素敵です。

間近で滅多に見ることのできない大きな船が停まっていたり、海風に当たって「気持ちいいね」なんてリラックスしたりすることができます。再入場可能なので、休憩がてら外に出てみて楽しむこともおすすめです。

 

名古屋港水族館へのアクセス方法

名古屋市は地下鉄が発達しているので、名古屋港水族館へは電車で行くことをおすすめします。最寄り駅は地下鉄名港線『名古屋港駅』です。終点なので乗り過ごす心配もありません。3番出口から出て徒歩5分程です。

3番出口を出た正面に名古屋港水族館の案内標識があるので、迷うことなく行くことができます。近づくにつれて市内とは思えない南国感のある造りになっていたり特徴的な木が植えられていたりいます。歩道も広めなので、小さなお子様がいても安心です。

もちろん駐車場もあるので、車で行きたい人も問題なしです。一番近い駐車場はガーデンふ頭駐車場orガーデンふ頭西駐車場です。

ガーデンふ頭駐車場

駐車可能車数:530台

営業時間:8:00~21:00

料金:30分毎¥100(税込) 1日最大¥1,000(税込)

ガーデンふ頭西駐車場

駐車可能車数:700台

営業時間:8:00~21:00

料金:30分毎¥100(税込) 1日最大¥1,000(税込)

少し離れたところにコインパーキングもあります。ゴールデンウィークや夏休み期間、お盆などの繁忙期は満車になることもあるので、早めに行くか少し離れてもコインパーキングに停めた方がいいかもしれません。いつもと違った町を歩くこともお出かけの楽しみのひとつですからね。

名古屋港水族館の営業時間・休館日

営業時間

通常期 9:30~17:30

ゴールデンウィークや夏休み期間(7月下旬~8月) 9:30~20:00

冬期(12月~3月中旬) 9:30~17:00

時期によって営業時間は異なるので、微妙な時期だなと思ったら問い合わせることをおすすめします。

休館日

毎週月曜日 ※祝日の場合は翌日が休館日

ゴールデンウィークや7~9月・年末年始・春休み期間は無休

メンテナンス等で臨時休館することも稀にあるので、万全を期すなら問い合わせた方がいいです。

お弁当の持ち込みはOKになっていて、屋外や屋根付き屋外で食べるスペースがあります。じっくり楽しみたい方はピクニック気分でお食事を楽しむことができます。気候の良い季節は、海風が本当に気持ちいいですよ。

また、館内にはレストランやフードテラス、売店があるので手ぶらで行っても大丈夫!ガーデンふ頭にも飲食店がいくつかあります。再入場可能なのでランチはもちろん、見終わったあとのディナーも心配なしです。

飼育されている魚の種類が多く敷地も広いため、1日じっくり楽しめる名古屋港水族館。食事はもちろん、喫煙者がいる場合は喫煙場所が確保されていたり、ベビーカーの貸し出しを行っていたり、ストレスなく楽しめます。

お土産コーナーも充実しているので、知り合いや職場の方、お子様への思い出残しなど、「あれ可愛い」「これも可愛い」「美味しそう」と、ちょっとしたショッピングも楽しむことができます。

日本で2か所だけ!シャチが見られる水族館

名古屋港水族館にはシャチがいます!日本で2か所だけでしか見ることのできないシャチがいます!理由は飼育することがとても難しいから。もちろんトップクラスの人気を誇っています。

シャチは海の生態系で頂点に立つ動物です。獰猛で怖いイメージがありますが、ここのシャチはとっても可愛いです。こんなに間近で見ることは滅多にないので、絶対チェックした方がいいですよ!

シャチのいる水槽は北館にあります。ガラスにひっつくように見ていると、すぐそこに泳いでやってきてくれます。スピードがとても速いので迫力満点で、写真を撮ろうとしてもとても難しかったです。何度もチャレンジしましたが、普通のスマホだったからか結局ブレブレになってしまいました。

人が多かったりタイミングが悪かったりして姿がなかなか見られなかったときは、上に行ってみてください。飼育されている水槽の上部分になっていて、こっちで泳いでいることもあります。時々、プールサイドに上ってくれています。これを見ることができたら、結構ラッキーです。

3階のスタジアムではシャチのトレーニングを公開しています。時間が決まっているので事前に調べることはお忘れなく!飼育員の方がシャチの動きに応じて分かりやすく説明してくれ、シャチの可愛らしさが倍増します。

水槽よりも明るくて写真が撮りやすく、飼育員の方と比べることでシャチの大きさを実感することができます。先程も言いましたが、日本でシャチが見られるのは2か所だけ!絶対にチェックすべきポイントです。

 

迫力満点!イルカショー

数あるイベントの中で一番人気なのがイルカショーです。パフォーマンス時間は大体20分程です。名古屋港水族館に行ったら必ず見ておきたいイベントのひとつなので、タイムスケジュールは事前にチェックしておきましょう。

イルカたちのハイジャンプや愛らしい動き、泳ぐスピード感に可愛らしい鳴き声。ただただ癒されます。ただただ笑っていられます。ただただ拍手を贈るだけです。「ああ、水族館に来たな」って思えます。大切な人と来たのなら、横目でチラリとその人も見て下さい。幸せってこういうことか、と実感できる……かもしれません。

人気イベントなので難しい面もありますが、可能ならば早めに行って最前列をキープしてみてください。イルカシャワーと言って、キュートなイルカたちがしっぽを駆使して観客席へ水を浴びせるのです(サマーナイトアクアリウム期間中の限定ショー)。

最前列あたりにいる観客たちは「わぁ~」とか「きゃあ~」とか言いながらずぶ濡れになりながら笑っています。怒る人なんていません。濡れにいっているので。そして、本当に楽しいです。

しかし結構濡れます。本当に濡れます。パンツまでいきます。300円でポンチョが売っているので、濡れたい方は購入をおすすめします。

1日中遊ぶことができるので家族のお出かけやデートに最適な名古屋港水族館。水や素敵なライティングに囲まれて癒される時間や空間は、日常の嫌なことを忘れさせてくれます。

 

まとめ

お子様の無邪気な笑顔が見られたり、少し薄暗いムーディーな雰囲気の中で大切な人との距離を縮めることができたり。

そしてなにより自分自身も童心に帰って楽しめる場所。それが名古屋港水族館です。事前の情報収集を忘れず、素敵な時間を過ごしてください。

-レジャー

© 2020 Best notes