レジャー 新潟 甲信越・北陸

マリンピア日本海新潟の割引料金や、ラッコやイルカショーガイド

今年の夏は例年に比べて猛暑日が続いていますね。

涼をとれるところへお出かけしたいなぁ。

屋内でまったりと過ごせる場所はないだろうか。

そんなあなたにぴったりのお出かけスポット新潟県にある水族館「マリンピア日本海」をご紹介いたします!

海の生物を見ながらまったりと過ごす時間はいかがでしょうか?

デートやご家族でのお出かけに。楽しんでいただけること間違いなしです。

マリンピア日本海の料金

マリンピア日本海の料金は、下記のようになっています。

大人(高校生以上)  ¥1500 
小人(小・中学生)  ¥600 
幼児(4歳から)  ¥200 
乳児(3歳まで)  無料 

乳児(3歳)料金が無料です!

気軽に連れて行けるので小さなお子さんがいらっしゃるご家族連れにはポイント高いですね。

 

割引きやお得に入場できる情報

お得に入場できる情報として年間パスポートがあります。

大人(高校生以上)  ¥3500 
小人(小・中学生)  ¥1300 
幼児(4歳まで)  ¥400 
乳児(3歳まで)  設定なし 

大人料金と比較してみると、プラス2000円で年間パスポート購入すれば1年間何度でも館内を見ることができる!とてもお得ですよね!

シーズンごとに様々なイベントを開催しているので定期的に足を運んで楽しむのもありです。

又、年間パスポートを持っていることで受けられるサービスがあります。

館内レストランで食事をすると1割引!

館内2Fレストラン「UMINONE~海の音~」で割引を受けることができます。

和食、洋食、中華をはじめデザートもあり豊富なメニューの中から選ぶことができます。

中でもお子様に人気なのが「ドルフィンカレー」です。

ご飯がイルカの形になっていて食べるのがもったいないくらい可愛いカレーです。

ミュージアムショップでのお買い物でプレゼントがもらえる!

ミュージアムショップ「マリンピアハート」で1000円以上(税込)ご購入&年間パスポート提示でオリジナルステッカーをもらえます。

提携水族館の料金割引!

友好提携水族館の料金が団体料金に割引されます。

対象となる水族館は、福島県いわき市にある「アクアマリンふくしま」と福島県猪苗代町にある「アクアマリンいなわしろカワセミ水族館」です。

注意事項として、年間パスポート所有者本人のみの割引対象になるそうなのです。数名で行く場合には気をつけてください。

年間パスポートを持っているとたくさんの特典を受けることができちゃいます。

マリンピア日本海だけでなく提携水族館にも安く入れるのでお得!

 

マリンピア日本海で飼育されているラッコの名前、ショータイムの時間など

現在、マリンピア日本海ではラッコの飼育はされておりません。

今年の3月に最後の一頭「クータン」が病気のため亡くなったそうです。

調べたところ、ラッコは絶滅危惧種のため新たな補充はできないとのことで今後お見せするのは難しくなってきたとのことです。

水族館の人気者がいないのは残念ですが、、マリンピア日本海には他にもたくさんの海の仲間がいますので楽しめます!

筆者のおすすめといたしましては、「アカムツ(ノドグロ)」です。

マリンピア日本海では世界で初めて稚魚期まで人工的に育成することに成功しています。

展示されている水槽にはたくさんのノドグロが泳いでいて鮮やかな赤色が目を惹きます。

くりくりとした目がとてもチャーミングなので見る価値ありです!

 

営業時間について

営業時間は9:00〜17:00です。(※券売は16:30まで)

休館日は12月29日〜1月1日、3月の第一木曜日とその翌日

 

新潟駅から公共機関を使用しての行き方、私用車での行き方、駐車場の広さ、バス停の場所

新潟中央I.C、新潟西I.C、新潟亀田I.C、新潟東スマートI.Cから約25分程度。

駐車場は750台無料です。

駐車可能時間は通常8:30〜17:30(一般駐車場は9:00〜20:00)となっています。

※夏季は開館延長時間に合わせて変更する場合があります。

バス

JR新潟駅 万代口(新潟交通 路線バス) で約20分程度。

料金は片道210円です。

その他に新潟市観光循環バスというのもあり、1日乗車券(500円)を購入すると特典でマリンピア日本海の窓口で券を購入する際に提示すると「乗車利用者ご本人の入館料が2割引き」になります。(ただし、1日乗車券の有効日限ります。)

そのほかの施設や飲食店などでもサービスを受けることができるそうなのでこちらもおすすめです!

 

マリンピア日本海まとめ

いかがでしたでしょうか?

マリンピア日本海には海だけではなく淡水魚や、動物まで幅広く飼育されています。

ぜひ一度足を運んでいただき魅力を堪能していただきたいです!

-レジャー, 新潟, 甲信越・北陸

© 2020 Best notes