レジャー 埼玉 関東

川口市立グリーンセンターのアクセスやレストラン、滑り台や撮影話

埼玉県川口市にある、市民の憩いの場でありレクリエーション施設でもある川口市立グリーンセンター。

埼玉県の木であるケヤキを多く配しながら、様々な四季折々の花木を楽しむことができます。

でも実は、花々だけでなく、こどもたちが思いっきり楽しめる遊具もたくさんある施設なのです。

どうやって行ったらいいのかな?

どんな場所なのかな?

行ってみたい。

だけどちょっとこんなこと気になるな。をご案内できればと思います。

川口市立グリーンセンターへのアクセスと駐車場

川口市立グリーンセンターの入り口は正門と東門の2つです。

どちらからでも入ることはできますが、公共交通機関を使って来園する際には、目的に応じて入場口を選ぶことをお勧めします。

園内の花木を主に楽しみたい方は、正門からの入場がお勧めです。

JR京浜東北線川口駅、もしくはJR武蔵野線東川口駅からバスに乗車、「グリーンセンター」バス停で下車すると、正門から入場しやすいです。

「わんぱく広場」と呼ばれるこどもたちの遊具が揃う広場を思いっきり楽しみたい方は、東門からの入場がいいですね。

バスであれば、「川口市立医療センター」バス停で下車すると東門からの入場が可能です。

また、埼玉高速鉄道(SR)「新井宿駅」1番出口からであれば徒歩で東門まで約10分ほどです。

車で来園の際、無料の駐車場があるのでそちらを利用してください。

第1駐車場75台、第2駐車場243台、第3駐車場302台となっています。

特に土日祝日やイベント開催時には正門近くからどんどん埋まっていくので、早めに駐車することをお勧めします。

正門、東門ともに駐輪場が設けられていますので、自転車で来園の際は所定の位置に駐輪してくださいね。

 

川口市立グリーンセンターの営業時間

グリーンセンターは午前9時から午後5時まで開園しています。

ただし、入園自体は4時までになっていますのでご注意ください。

毎週火曜日(祝日の場合は翌日)と、12月25日から1月4日までが休演日に設定されていますが、臨時休園もありますので事前に確認しておくといいかと思います。

入園料は、一般310円、学生証提示で高校生100円、こども(4歳から中学生)100円となっています。

年間パスポートの販売もありますので、四季折々の花木の移ろいを楽しみたい方は、こちらの方が断然お得です。

詳細は、窓口で確認してくださいね。

広々とした場所ですので、「ペットと一緒に楽しみたい!」となる方もいると思いますが、盲導犬等補助犬を除いて、動物の持ち込みは禁止になっています。

また、こども用の簡単な遊具をのぞいて、スポーツ用具、自転車等の持ち込みはできません。

園内では一部テント設置区域が設けられており、日除け目的のテントなどは使用できますが、ペグを打ち込むような大型テントについては持ち込みが禁止になっています。

植物の採取、鳥類、昆虫、魚類等を捕まえることも禁止になっていますので、来園前に禁止事項についてホームページ等で確認されるといいかと思います。

 

川口市立グリーンセンターでの食事(レストラン)

素敵な花々、広々とした景色。となると、美味しい食事も楽しみたくなりますね。

園内には、正門近くに洋食のレストラン緑屋があります。

こちらでは、座って窓からの景色を楽しみながら食事をとることが出来ます。

また、東門近く「わんぱく広場」売店では悪天候の日を除き、軽食の販売がありますのでこちらで調達するのもいいですね。

園内にはあらゆる場所にベンチが設置されていますので、自分の気に入った花や景色を眺めながら食事をとることが出来ます。

食事の持ち込みは禁止されていませんので、自分の好きなメニューを「素敵だな」と思える景色に囲まれて食べる、幸せピクニックができますよ。

ただし、火気の使用、テーブル、椅子の持ち込みについては禁止されていますのでご注意ください。

 

川口市立グリーンセンターの滑り台で思いっきり遊ぼう

「わんぱく広場」にはこどもが夢中になれる遊具がたくさん設置されています。

ブランコ、砂場、滑り台。

1回220円で「わんぱく広場」を一周できるミニ鉄道。

パンダ、ゾウ、ライオンなどに1回100円で乗れる思い出動刻。

アスレチックや、ターザンロープ、ローラー滑り台などこどもが好きな遊具を目一杯詰め込んだ「夢ふうせん」。

これだけでもこども達のわくわくは止まらないかと思いますが、「わんぱく広場」で一際目を引く遊具、それは「展望スベリ台」です。

高さ20メートルの展望台からぐるぐる回りながら滑り降りることが出来ます。

靴を脱ぐ、靴下着用必須、半袖では利用不可(肘をカバーするサポーター等の貸し出しあり)、ヒップマットを必ず使用し、スタッフの指示する安全な滑走姿勢を取る必要があある。など、注意事項はたくさん。

利用年齢は、原則5歳以上となっているスリル満点の滑り台です。

スピードが出ますので、スピードに恐怖がないようであれば是非頂上からの景色とともに楽しんでみてください。

スリル感を味わえる「展望スベリ台」ですが、料金はなんと無料。

利用時間が決まっていますので、チャレンジしたい!という方は事前に確認してみてください。

 

川口市立グリーンセンターでこんな撮影が行われました

川口市立グリーンセンターは、様々なドラマなどのロケ地となっています。

仮面ライダーシリーズや、スーパー戦隊シリーズなどの撮影も多いです。

滝・大噴水、大温室、大集会堂(シャトー赤柴)などは映ることが多いので、「見たことがある」と感じる方も多いのではないでしょうか。

滝・大噴水は常時運転しているわけではなく、季節によって運転時間が異なります。

「テレビで映っていたあの光景を!」と思う方は、事前に是非確認をしてからお出かけくださいね。

また、季節によってはライトアップが行われる時期もありますので、いつもと違った景色を楽しみたい方にもお勧めです。

大温室内は一部階段もありますが、花壇広場側の熱帯温室から入るのではなく、水生温室から入ればベビーカーや車椅子でも段差を気にせず楽しむことが出来ます。

珍しい花木に心奪われるだけでなく、「テレビで見た!」と別の感動も味わえるかと思いますので、是非隅々まで見て回ってくださいね。

 

川口市立グリーンセンターまとめ

川口市立グリーンセンターは、四季折々の花木の美しさを楽しめる施設です。

それだけではなく、こどもが目一杯楽しめたり、いつもテレビで見ている景色を実際に見ることができる施設でもあります。

是非、グリーンセンターを余すことなく回っていただき、自分なりの楽しみ方を見つけていただければと思います。

-レジャー, 埼玉, 関東

© 2020 Best notes