レジャー 東京 関東

葛西臨海公園の水族館や観覧車、バーベキューやレストランガイド

葛西臨海公園は水族館だけと思っていませんか!?ファミリーからカップルまでいろいろな楽しみ方をご紹介!

葛西臨海公園の知らなかった魅力に触れられますよ!

遊び方無限大!葛西臨海公園のマップ、駐車場について

葛西臨海公園は江戸川区にある都立公園です。

行ったことがある人は知っていると思いますが、とにかく広い!

なんと東京ドーム17個分の広さだそうです!!

園内には4つのゾーンがあります。

緑豊かな「芝生ゾーン」

ガラスドームが目印の「水族園ゾーン」

野鳥の楽園「鳥類園ゾーン」

水遊びができる「渚ゾーン」

園内では芝生広場でピクニックを楽しんだり、サイクリングやジョギングをしたり、虫捕りをしたり、いろんな遊び方ができますよ。遊び方は無限大!あなた次第です。

公園へのアクセスはJR京葉線がオススメ!「葛西臨海公園」駅下車、徒歩1分です。

車を利用する場合、駐車場は公園入り口にあります。

料金1時間300円(以後20分毎に100円、平日のみ最大料金1200円)

行楽シーズンの休日は混雑が予想されますのでご注意ください。

公園常時開園(水族園や観覧車は定休日あり)

料金無料(一部有料施設あり)

 

大きなガラスドームが目印!水族館について

公園に入るとすぐ、地上30.7メートルにもなる大きなガラスドームが見えてきます。

ドームの下には、2,200トンのドーナツ型の大水槽で群泳するクロマグロや、国内最大級の展示場で泳ぎ回る可愛らしいペンギンの姿など、600種を超える世界の海の生き物たちを見ることがきます。

中でも、磯遊びが手軽に味わえる「渚の生物コーナー」がオススメ!

イソギンチャクやナマコなど手で触ることができる「タッチフィーリン」コーナーがあります。

海が苦手なお子様も、気軽に海の生物に触れられるいい機会になると思います。

開園時間

9:30〜17:00

休園日

水曜日(水曜祝日の場合はその翌日)、年末年始

入園料

一般700円(年間パスポート2800円)

65歳以上350円(年間パスポート1400円)

中学生250円

無料開園日みどりの日(5/4)、都民の日(10/1)、開園記念日(10/10)

 

かつては日本一高かった!?「ダイヤと花の大観覧車」

葛西臨海公園といえば観覧車!

とても高いので東京からも見えます。

その高さ、117m!建設当時は日本一の高さでした。

今でも日本一の観覧車は123mなので負けてないですよね。

実際に乗ってみると、あまりに高くて腰がすくみます。(泣)

東京タワーやスカイツリー、海ほたる、房総半島、富士山などを一望できます。

約17分の空中散歩をぜひ体感してみてください。

上からは、東京オリンピックで使用されるカヌー・スラロームセンターがみえます!

営業時間11:00〜18:00

休業日3月から12月の第3水曜日(8月除く)

1月の第4・5水曜日、2月の全水曜日

(祝日の場合はその翌日)

料金一般(3歳以上)800円

シルバー(70歳以上)400円

障がい者350円

HPにクーポンがある他、水族園やパークトレインのチケットを見せると1割引にしてもらえますよ!

その他、観覧車の下にアミューズメント施設があったり、屋外に出て数分歩くと幼児向けの「わくわく広場」があります。

観覧車初挑戦の息子(2歳)はあまりの高さにちょっと怖かったらしく、地上に降りて「わくわく広場」で解放気分を満喫しておりました。

 

園内のレストラン紹介 手ぶらでバーベキューもできちゃう!

公園内にあるレストランをご紹介します。

屋内施設

「Parklife Café & Reataurant」

ハワイアンテイストのお店。授乳室や店内トイレ、キッズ椅子もあり子連れの方に便利。

「Crystal Café」

クリスタルビュー内にあるカフェ。軽食やスイーツがいただけます。

「シーサイド」(ホテル内)

園内にホテルオークラが運営する「ホテルシーサイド江戸川」があり、その1Fに西洋料理、中国料理を中心としたメニューのレストランがあります。落ち着いて食事をしたい方にオススメ。

屋外施設

「Soramido BBQ」

4月から11月まで期間限定で営業しているBBQ場です。

海を目の前にワンランク上のBBQを手ぶらで気軽にいかがですか?

「BBQ広場」

「Soramido BBQ」とは別に、芝生広場の一画にBBQ広場があります。

予約必須ですが、持ち込めば無料で利用できます。もちろん食材機材付きの手ぶらプランも。友達とワイワイ楽しんじゃいましょう!

水族園内

「シーウィンド」

水族園内にあるセルフサービスのレストランです。ちょっと珍しい「マグロカツカレー」が美味しいです。

 

実はポートレート撮影の聖地!?美しい背景をバックに写真を撮ろう!

葛西臨海公園は海に緑に花にと思わず写真を撮りたくなってしまう風景がいっぱいです。

なかでも、海側に位置するガラス張りの建物「クリスタルビュー」付近はポートレート撮影の聖地。黄昏時の海辺とクリスタルビューを背景にパシャリ。いい写真が撮れること間違いなしです。

 

その他水上バス、「パークトレイン」、ホテルの紹介

葛西臨海公園内にあるその他施設についてご紹介します。

水上バス「東京水辺ライン」

東京都公園協会が運営する水上バスです。

浅草や竹芝、お台場へと運行しています。本数が少ないので必ずHPで確認してから行きましょう。

実はこの水上バス、大規模災害が東京で発生した場合には、救援物資や医療救護班、帰宅困難者などを運ぶ防災船としての役割もあるそうです。

「パークトレイン」

広い公園内を約25分かけてぐるっと一周してくれるバスです。

トレインという名の通り、結構ガタガタ揺れるので息子は「電車〜!!」と言って喜んで乗っておりました。

途中7箇所のバス停を通過するので、歩くのに疲れた方はぜひ利用してみては。

料金大人350円

70歳以上・子供150円

運行時間は平日と土日で異なるのでHP等でご確認ください。

ホテル

園内にホテルオークラが運営する「ホテルシーサイド江戸川」があります。

宿泊だけでなく、宴会やウェディングもできる立派なホテルです。

10畳の和室から洋室、檜風呂の付いた特別室などもあります。

 

葛西臨海公園まとめ

葛西臨海公園は水族館しか行ったことがない。そんな方が多いのではないでしょうか!?

芝生広場でゆっくりピクニックしに、友達とワイワイBBQをしに、デートで雰囲気ある写真を撮りに、おじいちゃんおばあちゃんとゆっくり宿泊に、いろんな楽しみ方で葛西臨海公園を満喫してくださいね。

-レジャー, 東京, 関東

© 2020 Best notes