レジャー 中部 愛知

刈谷ハイウェイオアシス!アクセスやイベント、駐車場や仮眠情報

いろいろなジャンルの娯楽を楽しめるレジャースポットとして人気の刈谷ハイウェイオアシス。広々とした敷地内には、子どもから大人までがそれぞれに楽しめるようになっています。

ここでは、刈谷ハイウェイオアシスの基本情報や施設概要、イベント情報など、初めて利用する人に嬉しい情報やおすすめのポイントをピックアップして紹介します!ぜひ、参考にしてみてください。

刈谷ハイウェイオアシスの場所とアクセス方法

刈谷ハイウェイオアシスは、愛知県刈谷市東境町にあるサービスエリアの1つで高速道路に乗らなくても利用できる人気のレジャー施設です。

アクセス方法は車とバスがあり、車の場合は伊勢湾岸自動車道からか県道54号線からすぐのところにある駐車場から利用できます。

バスの場合は、刈谷駅から公共の無料連絡バスが運行しています。東境線は「洲原温水プール行き」、西境線は「刈谷ハイウェイオアシス行き」と書かれています。富士松駅や知多駅からも刈谷ハイウェイオアシス行きのバスが運行していますが、刈谷駅一番利用しやすいのでおすすめです。

ちなみに私たちは自宅近くのインターから高速道路に乗り、お店や飲食店エリアのそばにある駐車場を利用しました。行きも帰りもスムーズなので、車であれば高速道路からのアクセスが楽ですね。

 

刈谷ハイウェイオアシスの混雑状況と駐車場

刈谷ハイウェイオアシスはいろいろな施設があるので、休日には

たくさんのお客さんで混雑しています。

特に駐車場を確保することが難しく、和たちは子どもが小さいので行くのにも少し時間がかかり、11時過ぎに到着したころにはもう駐車場がほとんど埋まっていました。

1日刈谷ハイウェイオアシスで過ごそうと考えている人は、10時ごろには到着して、ゆっくりと休憩したり、公園を散歩したりするのが無難かもしれません。

ちなみに駐車場は高速道路側が600台、一般道路の駐車場が1,000台とたくさんの人が利用しやすくなっています。

 

子どもにおすすめのエリア

刈谷ハイウェイオアシスには、子どもたちが一日中でも楽しめる広いエリアがあります。

自然の中でしっかりと体を使って遊べるアスレチックスエリア、赤ちゃんから小学生、大人でも一緒に楽しめる遊園地エリア、固定式児童遊具やレール式乗物で楽しめるエリアなど、いろいろな要素を兼ね備えています。

アスレチックエリアのそばにはテント広場があり、大きなテントの下に芝生が敷き詰められています。私たちはまだ利用していませんが、子ども連れの家族がレジャーシートを敷いてお弁当を食べたり、休憩をしたりしていました。ピクニックにも利用しやすいので、おすすめです!

遊園地エリアはメリーゴーランドやSL、ゴーカートなど、100~300円ほどで利用できます。入場料も必要ないので、かなり格安でアトラクションを楽しむことができます。ゴーカートは、3歳以上の子どもでも親同伴であれば乗ることができます。

息子は初めてのゴーカートに大興奮で、お父さんと3回も乗りました。それでも1人900円なので、遊園地の回数券や乗り放題を購入することを考えたら安いですよね!

固定式児童遊具エリアには、ゲームセンターでよく目にする車や電車などの乗り物があります。私たちも初めてきたときにはビックリしたのですが、ほとんどの乗り物が1回50円で利用できます。思わず「安いッ!」と声を上げてしまいました。

この値段なら、ゲームセンターよりもたくさん楽しめますよね!一番奥には、自分で運転できる乗り物もあります。固定式児童遊具の上にはテントもあり、夏でも日影になるので赤ちゃん連れでも安心です。

両替機や自動販売機もテント内に設置されていて、事前に両替する必要ありません。子ども連れのお客さんのための配慮がしっかりとされているなと感じました。

 

足湯や仮眠場所など大人の癒しエリア

刈谷ハイウェイオアシスの敷地内には「天然温泉かきつばた」という温泉施設があります。平日は9時から23時まで、土日祝日は7時から23時まで営業しています。

入館料は大人890円、小人440円で、会員であれば50円安い840円で入館できます。屋外には100円で利用できる広い足湯もあるので、子どもと遊んで疲れた足をリフレッシュするのに最適です。

私は天然温泉かきつばたをまだ利用したことはないのですが、父と母が温泉好きなので孫とのお出かけに連れて行きたいなと考えています。

施設内にはお食事処や売店、マンガコーナー、クッションの敷かれたキッズコーナーなどもあるので、大人から子どもまでがゆっくりと休むことができるのでおすすめです。

 

ショップやグルメ、飲食店について

刈谷ハイウェイオアシスには、飲食店やショップたくさんあります。飲食店の集まるセントラルプラザ1Fにはラーメンや和食、カレー、イタリアン、たこ焼き、豚まんなど、さまざまなジャンルのお店が揃っています。

イートインスペースも用意されているので、暑い日や寒い日でも快適に食事ができます。子ども用の椅子や食器などあるので、荷物を減らして利用できるのはお母さんにとって嬉しいポイントですよね。その他にもアイスやタピオカドリンク、カフェなどもあります。食事や休憩もしやすいのでおすすめです。

隣にはコンビニもあり、食べ物や飲み物だけでなく、サービスエリアということもあり、衣類なども少し販売されています。濡れてしまったり、汚れてしまったりしたときにも着替えを購入できて便利です。

ショップはお土産屋さんに加え、新鮮な魚介類や野菜の購入できる産直市場やベーカリーもあります。中でもおすすめなのが、南知多にある「えびせんの里」の支店もあるので、遊びついでにえびせんを購入できるのは嬉しいですよね。もちろん、私は毎回購入しています。

 

おすすめのイベント情報

刈谷ハイウェイオアシスでは、さまざまなイベントも開催されています。冬には幻想的な雰囲気を味わえるイルミネーションイベントやキッズダンスショーなど、季節によって楽しめるイベント盛り沢山です。

ちなみに私が行った日には、キッズダンスショーとブルーベリーの加工品などを販売した物産展が行われていました。子どもが喜んでいたので、ブルーベリーの着ぐるみと写真を撮りました。

利用する前にホームページでイベントを確認しておけば、自分の気になるイベントに参加しやすくなるのでおすすめです。

 

刈谷ハイウェイオアシスまとめ

ここでは、刈谷ハイウェイオアシスの基本情報や子どもにおすすめのエリア、大人におすすめの癒しエリアについて紹介してきました。親子で楽しめるのはもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に行っても三世代で楽しめるおすすめのスポットです!お休みの日の行き先に困ったときは、ぜひ足を運んでみてください。

-レジャー, 中部, 愛知

© 2020 Best notes