レジャー

ハウステンボスのアトラクションやアクセス、ホテルの完全ガイド   

CMで見たことがあったり、観光ガイドブックを開くと必ずと言ってもいいほど紹介されているハウステンボス。

もはや、長崎県に行ったら絶対外せない観光スポットと言えばハウステンボスと言っても過言ではありません。

「なにここ?日本にあるの?行きたい!」

紹介される映像や写真を見たら、そう思う方が多いはずです!

何故なら、かく言う私もその中の一人だからです。

そんな日常から切り離されたような素敵空間をご紹介していきたいと思います。

それでは、早速一つずつご紹介していきます。

ハウステンボスは長崎県のどこにあるの?

〒859-3292 長崎県佐世保市ハウステンボス町1−1

ハウステンボスは長崎県佐世保市にあります。

施設はオランダの街並みを再現していて、ずばりテーマはヨーロッパです。

敷地面積はなんと、東京ディズニーリゾートの1.5倍で、日本で一番広いテーマパークなのです。

ドラマやCM、映画のロケ地にも使われることも多い、日本にいることを忘れてしますような、ロケーションが最大の魅力なのではないでしょうか。

現在のハウステンボスの敷地の大部分は、江戸時代に開拓された水田知跡です。

長崎県とオランダが紡いできた歴史の長さを感じますね。

ちなみに、ハウステンボスに隣接するオランダの実在する高級住宅街から名付けた「ワッセナー」は、なんと実際に居住することが可能なんです。

別荘に利用する方が多いみたいですよ。素敵すぎますね。

 

交通アクセス

オススメのホテルについては後述させていただきますが、ハウステンボスまでの交通手段もセットになっているツアーもたくさんあります。

季節によって内容や料金は変動があると思いますので、ご予算を踏まえてネットで随時チェックしすることをオススメします。

専用バスもありますので、個人的にはプランに盛り込んで向かうのが一番お得で、かつ

楽なのではないかと思います。

私はレンタカーを借りて福岡空港から向かったのですが、⁽旅行のスケジュールの都合で大移動しました⁾2時間以上、本当に果てしなく時間がかかりました…

道路も走りなれない道なのもありますが、車線が多くて複雑な箇所もあり、本当に命からがら向かった記憶が蘇ります。

電車でも行けるので、福岡から向かう場合は電車が安心でいいですね。

私の反省から申し上げますと、長崎空港から向かうスケジュールを組むことをオススメします。

長崎空港からは、交通手段が多く、電車やバスや船、ヘリで向かうことも可能なようです。

ヘリは少しお値段はりますので、贅沢で刺激的なご旅行をご希望の方は楽しいかもしれませんね。

 

周辺のオススメホテル

ずばりオススメしたいのは「変なホテル」一択です。

いきなりディスったわけじゃないですよ。

本当に変なホテルと言う名前なんです。

一度聞いたら絶対忘れられない、ネーミングセンスに脱帽です。

個人的にこうゆう遊び心、大好きです。

何が変なの?と言いますと、なんとフロントスタッフもクロークもポーターも案内人も、接客する従業員が全員ロボットなんです!⁽全員って表現合ってますかね?⁾

それはもういろんなロボットがいて面白いんです。

異空間すぎました。

なんとも前衛的な発想ですよね、。

アメニティー類も充実していて、自動販売機で購入ができるので、どこまでもハイテクです。

ちなみに、部屋にもロボットがいました。

JRハウステンボス駅から徒歩約15~20分の距離にあるのでアクセスもいいです。

専用駐車場も併設しているので、お車でのご利用もできます。

是非、この類を見ない異空間を味わっていただきたいです。

話のタネになること間違いなしです。

 

これは絶対外せない!人気のアトラクション

私が実際に行ってきた中で特に印象に残っていて、是非とも楽しんでいただきたいアトラクションはずばり「VR」を駆使したアトラクションです。

話題の「VR」いわゆる仮想現実ですね。

その場所にいるはずなのに、目の前に広がる景色が別の場所で、それが空だったり森の中だったり、とにかくどこにでも行けるんです。

現実とごちゃごちゃになるぐらい、本当にリアルすぎて、自分が生きている現実が仮想現実だったのか?と思うほどにリアルです。

前置き長くなってしまいました、すみません。

約30種類とその数の豊富さはもちろん、そのバリエーションの多さもとっても充実していました。

ウルトラ逆バンジー

椅子も動くのでもう、怖すぎてVRなことを完全に忘れていました。

BotsNew OF THE DEAD

ゾンビがめちゃくちゃ襲ってきます。

実物見たことないんですけど、VRで見るゾンビはリアルすぎて本当に怖かったです。

とにかくがんばってゾンビを倒して脱出してください…

VRキング

これはジェットコースターですね。

これまた座る座席がジェットコースターそのものなんですけど、座席の動きがもうジェッ

トコースターそのものすぎて、本当に臨場感がすごいです。

こちらは全長3000メートル、高さ300メートル、最高時速270キロとなっていて現実世界では味わえないスケールとなっております。

ジェットコースターが大好きな方でもきっと怖いと思います…

是非、ヴァーチャルな世界を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

営業時間

現在もコロナウイルス対策をしっかりとした上で営業しております。

2020年年内は無休で開演しております。

来場する皆様が安心して楽しめる為に、コロナウイルスに関する確認証に記入の上、入園ができます。

2週間以内に体調不良がない状態で、しっかりマスクを着用して行きましょうね。

また、感染拡大防止の為、園内の施設にも制限や休館をして営業しているので、

事前にホームページでご確認の上の来場がオススメです。

基本的に9:00 – 21:00での営業になります。⁽入場締め切りは閉園の1時間前⁾

ただし、日によっては22:00までの日もありますので、こちらもご確認下さいませ。

 

まとめ

こんな感じで、私の体験を元に主観満載でお送りしましたが、いかがでしたでしょうか?

綺麗な街並みやお花、イルミネーションを楽しんでいただくのは大前提に、実はこんな楽しみ方もあるんだぞと、綺麗だけが売りじゃない言うことをお伝えしたかったんです。

CMや観光ガイドで見る綺麗な街並みに圧倒されて、詳しく調べずに現地に向かった私としては、とっても予想外で、だからこそより楽しめました。

スケジュールの都合で夕方からの来場だったのですが、時間が足りなすぎました。

ご紹介したアトラクションは本当に本当にほんの一部なので、1日かけて広い園内を遊び回るのがオススメです。

私も予想以上の広大な敷地にびっくりしたので、是非動きやすい恰好でお願いいたします

夜まで遊んで歩き疲れたら、是非イルミネーションに癒されてからホテルに戻る、なんて充実してとってもステキだと思います。

大変な時期ではありますが、ハウステンボスで国内にいるのに外国に行った気分を楽しんでみていはいかがでしょうか?

新しい生活様式への理解とエチケットをしっかり持って、是非楽しんでいただけたらと思います!

-レジャー

© 2020 Best notes