レジャー

江ノ島のイベントやデートスポット、アクセス方法の紹介! 

江の島のイベントや時期ごとの込み具合など、ご存じでしょうか?せっかくのお出かけなら、渋滞や駐車場探しは、スムーズにいきたいですよね

事前に駐車場の候補を挙げたり、裏道を調べておくことで最後まで楽しい江の島観光になります!

他にも江の島を訪れる際に役立つ情報をご紹介します!

江の島?江ノ島?どっちが正しい?

ある日、江の島に遊びに行って私は気づいてしまいました。

モノレールの駅の“江の島”はひらがな。

片瀬江ノ島駅の“江ノ島”はカタカナ。

どっちが本物なんだよ!!僕もそう思います。気になったので調べてみるとどちらも正しいようです。島周辺や島内のお店を見ても表記に統一はありませんでした。個人的には『休日江の島いかない?』みたいにラフな感じにはひらがな。

『今度のお休みに江ノ島に行きませんか?』みたいなフォーマルな感じにはカタカナ。というように使い分けています!

ぜひあなたの好きなほうで、友達や恋人を誘ってみてください!

 

一番近いのは江の島駅じゃない!?

結論から言うと、距離的に江の島に一番近いのは片瀬江ノ島駅です。名前的に江の島駅のほうが近そうな感じがしますよね。

ですが距離以上にどちらの駅にもそれぞれメリットがあります!

片瀬江ノ島駅は何といってもアクセスのしやすさが特徴です。小田急線の終点になっているので都心部からも乗り換えなしの一本でのびのび目的地を目指せます。

対して江の島駅は江ノ電の駅です。江ノ島電鉄なんて名前的にもいい感じですよね~!江ノ電は速度的には小田急に劣ります。しかし、電車から海を見ることができたりします。江の島駅を使うメリットは景色を眺めながらのんびり目的地を目指せることです!

目的に合わせて使い分けてみてくださいね~!

 

車で来るときの注意点!

車で訪れる際には、いくつか注意が必要です。

特に夏場の混雑については要注意です。夏場は葉山方面の道路の渋滞が起きます。ヘッドライトで道路が真っ赤に見えるくらいの渋滞が起きます。

もう一つ注意点があります。それは花火大会の日などのイベント時です。かなり早い段階で駐車場が埋まってしまうので、気を付けましょう。警察の取り締まりも強化されるので、路駐なんかもできなくなっています。

ほかの駐車場や、抜け道など事前に調べて楽しい観光にしてください!

 

夏だけじゃない!冬のイベントも紹介

湘南といえば夏。確かに海もあるし夏場のほうが江の島周辺の人は明らかに多いです。しかし、冬場もイベント目当ての人で毎年にぎわっています。

夏と冬、それぞれの魅力的なイベントについて紹介します!

夏のイベント!

1、花火大会

毎年8月の終わりに開催される花火大会。夏の思い出を花火とともに振り返りましょう!

*今年は中止が決定しています。

2、江ノ島水族館のイルカショー

夏限定というわけではありませんが熱い中見るイルカショーは最高です!

冬のイベント

1、シーキャンドル イルミネーション

冬限定のライトアップイベント。宝石を題材にした会場は幻想的な雰囲気に

包まれています

2、大晦日、元旦

一年で江の島が最もにぎわう日の1つでしょう。にぎわいつつ厳かな雰囲気が漂う江の島も魅力的です!

冬の江ノ島は海風で冷えるので、寒さ対策はしっかりしましょう!

 

最強デートスポット江の島

イルミネーションに花火!恋人向けのイベント盛りだくさんでお送りしましたが、まだあります!

・龍恋の鐘(りゅうれんのかね)

縁結びの鐘として知られる江の島の最強デートスポットです。鐘を鳴らし南京錠をフェンスにつるすことで二人は結ばれるといわれています。

こんなロマンチックな恋したい!

・地元民おすすめ最強スポット

神社を抜け、急な階段を下った先にある裏磯です。人も少なく海の向こうに富士山が見えるなど、眺めがとにかく良い!二人でみればいい雰囲気になること間違いなしです!ただ、潮が満ちているときは危険なので立ち入らないようにしましょう!

江の島で素敵な恋を実らせてくださいね!応援してます!

 

まとめ

いかがでしたか?これであなたも江の島マスターです!

友達や恋人、家族、をかっこよくエスコートしてあげてください!

江の島で素敵な思い出をたくさん作ってくださいね!

-レジャー

© 2020 Best notes