レジャー 甲信越・北陸 長野

茶臼山動物園の割引料金やアクセス、ナイトズーやイベントガイド

長野県長野市の茶臼山動物園。

森の中にある動物園として、地元長野市で長く愛される存在です。

茶臼山動物園、どんな場所なのか知りたいと思いませんか?

山にあるって、どうやって行けばいいのかな?

どんなことができるんだろう?

行ってみないとわからない、愛される動物園、茶臼山動物園についてご紹介します。

茶臼山動物園へのアクセス

茶臼山動物園は、JR篠ノ井駅から車で約15分の場所にあります。

3月1日から11月末の開園時間は、午前9時30分から午後4時30分、12月1日から2月末の開園時間は午前10時から午後4時までです。

12月1日から2月末については、毎週月曜日(休日にあたる場合はその翌日)と12月29日から31日が休園になります。

行ってみて「お休みだったの?」とならないように、是非事前に確認してくださいね。

例年、4月から11月の土日、祝日には茶臼山動物園とJR篠ノ井駅を結ぶバスが運行されます。

常時ある路線ではありませんので、運行時期、および運休情報については事前に必ず確認してください。

車で来園の場合、駐車場は北口駐車場、南口駐車場が利用可能です。また、障害者駐車場は南口駐車場にあります。

北口駐車場から動物園へは「北口モノレール」に乗っていくことができます。

北口駐車場に隣接する「茶臼山中央駅」から「動物園北口駅(動物園北口券売所前)」の所要時間は約4分、運賃は小学生以上片道100円です。

運行時間は季節によって異なりますのでご注意ください。

駅舎内にも数種類動物の展示がありますので、動物園に入る前から楽しむことができますよ。

また、モノレール乗車中は善光寺平の景色を楽しむことができますので、乗車の際はこちらも是非楽しんでくださいね。

茶臼山動物園は、山の中にある動物園ですので全体的に階段や坂道がとても多いです。

普段歩き慣れていないとなかなか歩き辛く感じる園内ですが、一部を除きベビーカーや車椅子で通ることができるように整備されています。

北口ゲート、南口ゲートともに、ベビーカー(1台200円)や車椅子(無料)のレンタルが可能ですので、必要であれば入園時に借り受けるようにしましょう。

 

茶臼山動物園の料金

茶臼山動物園の入園料金は、大人600円、小中学生100円です。

来園時に、JR篠ノ井駅からのバスの往復乗車券を提示すると乗車日に限り入場料が100円引きになります。

バスで来園する際には、忘れずに提示するようにしましょう。

また、茶臼山動物園サポーターであれば、サポーター証提示で家族5名まで入園料が大人500円、小中学生100円になります。

動物園サポーターには長野市内外在住かかわらずなることができます。

こちらの詳細については、長野市に確認してください。

 

茶臼山動物園のレッサーパンダ

茶臼山動物園北口ゲートすぐそばに「レッサーパンダの森」があります。

茶臼山動物園では70種以上の動物を飼育していますが、中でもレッサーパンダ、特にシセンレッサーパンダの飼育頭数は全国一です。

「レッサーパンダの森」は屋外展示場と、屋内展示場からなっています。

屋外展示場では、茶臼山の自然の中で暮らすレッサーパンダを、屋内展示場では頭上を歩くレッサーパンダを見ることができます。

屋外、屋内ともに「ここにいるのか!」と驚くような近さでレッサーパンダを見ることができるのが魅力です。

特に屋内展示場の方は、レッサーパンダに触れるほど近くで見ることができますので感動ものかと思います。

 

茶臼山動物園のイベント(いつでも何かやってる ふれあいイベント)

茶臼山動物園では、土日、祝日を中心に様々なイベントを1日中やっています。

一部人数制限があるものもありますが、誰でも無料で楽しめるイベントが盛り沢山です。

中でも、ポニー乗馬体験(対象年齢が2歳から12歳まで)は、整理券配布時間前になると行列ができてしまうほどの盛況で、子供たちに大人気です。

ポニーに乗れない大人も、非常に近い距離でポニーや子供の様子を見ることができるので興奮してしまいますね。

子供動物園内で行われるエサやりは1日に何度か行われているのですが、ウサギ、モルモット、ヤギ、そしてアルパカに自分の手でエサをあげることができます。

自分の手から草をムシャムシャ食べてくれる動物たちには、大人も思わず「可愛い!」と癒されること間違いなしです。

他にもイベントはたくさんありますので、「これは!」と思うものがあれば、時間を確認するなど見逃さないようにしてくだいね。

 

茶臼山動物園のイベント(ナイトズー)

開演時間中、いつも何かイベントをやっている茶臼山動物園ですが、期間限定で特別なイベントを開催する時期があります。

その一つがナイトズー、「サマーナイト ZOO in茶臼山」です。

8月の数日にわたり、夜9時まで夜間開園が実施されます。

暗い山の中ではありますが、動物をかたどった手作り電飾看板が園内を飾り、楽しい雰囲気になります。

また、茶臼山から見える善光寺平の夜景も見ものです。

期間中は色々とイベントが開催されますのでそちらも楽しみではありますが、何より昼間と違う動きを見せる動物たちを見ることができるのが魅力です。

昼間見せるのんびりとした姿もいいですが、活発に動き回る動物たちもいいですよね。

ナイトズー以外にも、年間を通して飼育員体験であったり、動物園裏側体験であったりと、随時特別なイベントも行われています。

ホームページや長野市広報などで案内されますのでチェックしてみてください。

いつもと違う動物園の姿をイベントを通して感じてくださいね。

 

茶臼山動物園まとめ

茶臼山動物園は、小さな子供から大人まで、動物の姿を近くに感じながら癒され、楽しむことができる素敵な動物園です。

近隣には植物園、恐竜公園、マレットゴルフ場などもあり、体力があれば1日中遊分ことができます。

動物園と合わせて一緒に楽しんで見るのもいいかもしれませんね。

是非素敵な1日を茶臼山で過ごしてください。

-レジャー, 甲信越・北陸, 長野

© 2020 Best notes