レジャー

あずきミュージアム!レストランやお土産、アクセス、所要時間等

姫路の観光スポット「あずきミュージアム」ってどんなところだろう?と思っていませんか?あずきミュージアムは御座候の本社工場に隣接している見学・体験施設です。

地元民に大昔から愛される御座候の回転焼きは有名ですが、あずきミュージアムの存在を知っている人はごくわずか・・・。地元民でも行ったことがある人は結構少なかったりします。

この記事では、あずきミュージアムへのアクセス方法や、施設内でできること、レストランなどの最新情報を徹底解説します!

あずきミュージアムは姫路駅から徒歩15分

あずきミュージアムへのアクセスは駅から徒歩がおすすめです。行き方はとてもシンプルなので、方向感覚に自信の無い方でも大丈夫です。

【JR姫路駅からの徒歩アクセス方法】

①まず、JR姫路駅の南側に出ます。(姫路城が見える方の反対側)

②新幹線の高架下の歩道を東向きにまっすぐ歩きます。(鳥貴族やトヨタレンタリース兵庫が見える方面)

③約10分ほど歩くと、電柱にあずきミュージアムの案内を示す看板が見えて来るので、それに従って歩いていきます。上の方には、御座候の本社に掲げられた「御座候」と書かれた大きな看板が見えると思います。

④さらに進んでいくと、姫路タクシーという会社がある交差点にたどり着くので、右に曲がると到着です。大きな看板表示もあるので、近くまで行けば場所はわかると思います。

ちなみに、車で行く予定の方も、約20台ほど駐車できる無料の駐車場があるので安心です。

 

あずきミュージアムのみどころ

次に、あずきミュージアムの施設内の紹介をします。

みどころ①:自然あふれる庭

敷地内に入ってすぐ、木々が茂った大きな庭があります。池や滝があり、魚も泳いでいます。中には、品種の違うあずきの木を比較して観察できるコーナーもありました。こちらは、入館料無しで誰でも見学できます。

みどころ②:あずきに関する膨大な展示資料

ミュージアム内では、あずきのルーツ、文化、歴史などにまつわる膨大な量の展示があります。品種などの生物学的な資料から、あずきと人々の文化的つながり、あずきにまつわることわざなど、非常に多角的な視点からあずきを知ることが出来ます。実際の豆を触って感じることが出来たり、あずき豆を使って作られたオリジナルおおもちゃなどもあり、小さな子供も楽しめる工夫がされています。

みどころ③庭をみながら休憩できるコミュニケーション広縁

ミュージアムの最後の方には、靴を脱いで寛げるスペースがあります。そこから、入り口の庭を眺めながら休憩することができるのですが、とても日当たりがよく、ついついうたた寝してしまいそうなほど心地が良いです。この近くには、御座候職人の顔出しパネルで記念撮影ができるコーナーもあります。

 

ミュージアムレストランの人気あずきメニュー

次は、あずきミュージアム内にあるレストランを紹介します。営業時間は11:30〜14:30で、あずきミュージアムの2階にあります。食事メニューに合わせてデザートメニューも豊富なので、ランチ・カフェとして利用することが出来ます。

【食事メニュー】

・あずき御前(1500円)※数量限定

(赤飯または雑穀飯、自家製うどん、いとこ煮、ほくほく小豆と野菜のかき揚げ、小豆の風味香るごま豆腐、漬物、あずきソフトクリーム)

・あずき定食(1200円)

(赤飯または雑穀飯、お吸い物、いとこ煮、小豆の風味香るごま豆腐、漬物、あずきソフトクリーム)

・お赤飯(1000円)

(赤飯、お吸い物、漬物、あずきソフトクリーム)

・あんかけうどん(1000円)

(自家製あんかけうどん、赤飯おにぎり、漬物、あずきソフトクリーム)

・あずき粥(1000円)

あずき粥、漬物、あずきソフトクリーム)

・ミニうどん(850円)※お子様におすすめの少量メニュー

(うどんまたは冷やしうどん、かぼちゃの天ぷら、ちくわの磯辺揚げ、スイートコーン、あずきソフトクリーム)

【甘味メニュー】

・あんみつ(800円)

・あずきぱふぇ(800円)

・紅白ぜんざい(800円)

・珈琲ぜんざい(800円)

・あったか白玉(680円)

・抹茶ミルク金時(800円)

・あんみつセット(800円)

ミニあんみつと珈琲のセット

・ぱふぇセット(800円)

ミニあずきぱふぇと珈琲のセット

【お飲み物】

・珈琲(600円)※蜜付けあずき付

・あいす珈琲(680円)

・〈珈琲ステンシルサービス〉無料

(珈琲を注文した方に、ホイップミルクにココアで可愛いステンシルをしてくれます。オリジナルキャラクターの「あずきさん」、「豆太郎」、「ミュージアムのロゴ」の3種類から選べます。)

 

かわいいオリジナルグッズはお土産に大人気

続いて、ミュージアムショップで売られているお土産について紹介します。多くのお土産がありますが、オリジナルキャラクターのあずきさんグッズ、そして御座候をモチーフにしたグッズが人気だそうです。みているだけでも楽しい、可愛らしいグッズがたくさん売っているので、是非立ち寄って見てください。

【オススメお土産TOP3】

①あずきさんストラップ(500円)

②ミニチュア御座候のマグネット(赤・白)(各500円)

③あずきさんシール(150円)

 

営業時間と入場料、コロナの影響は?

次に、気になる営業時間、入場料、コロナウイルスの影響があるかないかについてです。コロナウイルスの影響で休館している場所もあるようですが、今のところあずきミュージアムは営業しています。(2020年8月9日時点)

・営業時間:10:00〜17:00

・定休日:火曜日

・入場料:一般(高校生以上)・・・1200円

小中学生・・・600円

年間パスポート・・・2500円

敷地内には入場料なしで入ることが出来ます。本社に併設してある工場ショップで御座候を買ったり、庭を見学するだけなら無料です。あずきミュージアム内の展示物などを見学する場合は、受付にてチケットを購入し、入館証をもらう必要があります。

コロナの緊急事態宣言が発出されていた際には、工場のラーメン店の営業を休止していたようですが、現在は坦々麺、ジャンボ餃子、よもぎ餅、冷麺、肉まんのみ店内飲食可能となっているようです。その他の御座候やソフトクリームは持ち帰りのみの営業となっているようです。その他のコロナの影響は特にないようです。

 

体験教室の内容と申込方法など

あずきミュージアムでは、季節ごとに小豆を使った様々なメニューの調理体験が出来ます。例えば、白あんカップケーキや栗まんじゅう、黒糖まんじゅうなど、中々自宅作るのが難しい和菓子が中心となっています。

【概要】

体験所要時間:約1時間程度

参加対象年齢:小学生以上(小学生は保護者同伴)

参加料:1000円

持ち物:エプロン、持ち帰り用の手提げ袋

※作るメニューによって変更される場合もあるので、予約時に再度確認して下さい。

【申込方法】

体験は全て予約制となっています。電話または来訪することで予約が可能です。直接来訪する場合は、ミュージアム1階の受付で対応してもらえます。ここで気を付けたいのは、予約は先着順で申し込みは実施日の1週間前までであるとこです。体験をしてみたい方は早めに予約しておくことをおすすめします。

電話予約:079−282−2380(調理体験受付係まで)

電話受付時間:10:00〜16:30(休館日を除く)

 

滞在所要時間めやす

あずきミュージアムの施設内は3時間ほどあれば全て周れると思います。レストランでゆっくりしたり、調理体験をする方は、その分の時間をプラスして考えると良いです。私のおすすめは、朝調理体験をしてから、レストランで昼食をとった後、ミュージアムの見学をして、御座候を買って帰るというプランです。このプランなら、丸一日中遊び尽くすことが出来ます。

ちなみに、本社併設ショップで回転焼きを焼いている職人は、社内でもかなり選抜された腕の良い職人しか居ないそうですよ。御座候は姫路駅周辺に数店舗ありますが、せっかくなら本社で買ってみるのをおすすめします。

 

まとめ

ここまで、あずきミュージアムの最新情報をご紹介しました。冒頭でも述べたように、かなり穴場な観光スポットなので、地元民の方はもちろん、姫路城などの姫路観光に行く方は是非行ってみて下さい。

-レジャー

© 2020 Best notes