レジャー 千葉 関東

アンデルセン公園のアクセスや料金、ランキングやアスレチック!

話題のアンデルセン公園、ホントのところどうなの?楽しいの?

アンデルセン公園は楽しい!遊びがいっぱい!グルメも充実!

週末はアンデルセン公園の自然に癒されよう!

アンデルセン公園へのアクセス、駐車場は混雑してる?料金は?

ふなばしアンデルセン公園は都内から日帰りで行けます。

敷地面積約38.3ha東京ドーム8個分と、とても広い公園です。

園内は5つのゾーンで分かれています。

小さな子どもから大人まで遊べる「ワンパク王国ゾーン」

里山の風景に心癒される「自然体験ゾーン」

芸術やアート・工作に触れられる「子ども美術館ゾーン」

ここはヨーロッパ?と思わず勘違いしてしまう「メルヘンの丘ゾーン」

赤ちゃんの散歩デビューにピッタリ「花の城ゾーン」

公園へはバスより車が便利!

南ゲート、西ゲート、北ゲートの3つのゲートにそれぞれ駐車場があります。

駐車料金1日500円(12/1〜3/15は300円)

公式HPに混雑予想カレンダーがあるので事前に確認してみるといいですよ!

 

営業時間、園内混雑状況について

メディアで取り上げられた直後はいつも混雑していましたが、最近は少し落ち着いてきているように思います。

ただ、夏は水遊び目当ての人で混みますし、行楽シーズンや連休中も混んでいます。

個人的にはオープン開始とともに入園されることをオススメします。

開園時間9:30〜16:00

休園日月によって異なります。

園内混雑状況については、公式HPに混雑予想カレンダーがありますので、お出かけ前に確認しておくといいでしょう。

 

アンデルセン公園の料金、割引は?

入園料一般900円(65歳以上は無料)

高校生600円

小・中学生200円

幼児(4歳以上)100円

お得な年間パスポートやコンビニで買える前売りチケット、さらには無料デーもあります。

 

人気テーマパークランキングであの“USJ”を抑えて3位になった秘密とは!?

アンデルセン公園は、トリップアドバイザー「2015年日本の人気テーマパークランキング」であの“USJ”を抑えて3位になり、メディアでも取り上げられ一躍有名になりました。

でもなぜそんなに人気なのかいまいちわからない、という方に人気の秘密をご紹介します!

いろんな遊びができて大満足!

小さい子どもから大人まで楽しめるアスレチック、遊具が充実しています。

ヤギやヒツジ、ポニー、モルモットやウサギなど動物と触れ合える広場もあります。時間が合えば、えさやりもできますよ。

夏はにじの池の水遊びが子どもに大人気。池の中の噴水に頭を突っ込んだり、足踏み水車や手動のポンプで遊んだり、木陰の下の小川に葉っぱを流して競争したり、一日中楽しめます。

自然が豊か

公園のいたるところで季節を問わず、常時150種類10万株の草花が迎えてくれます。

特に「メルヘンの丘ゾーン」は、ヨーロッパにきたような雰囲気で現実を忘れさせてくれます。

「自然体験ゾーン」では、里山の水辺に沿った散策路で植物や昆虫観察ができます。

料金が全てリーズナブル

入園料はもちろんのこと、フード類もリーズナブルで充実しています。

ポニーやミニ鉄道は1周100円、ミニパターゴルフ(9ホール)300円と、レジャーもコスパ最強です。

 

多くの人を魅了してやまない多種多様なアスレチック

アンデルセン公園といえばアスレチックは外せません。

「森のアスレチック」は4つのコースからなり、年齢別に初級・中級・上級とランク分けされていて、大人から子どもまで自分にあったアスレチックに挑戦できます。

上級にもなると結構ハード、お父さんお母さんが童心にかえって真剣に取り組んでいます。

その他、ロング滑り台や大型ボールネットもあり、小さい子どもが遊べる滑り台、ブランコなども揃っています。

 

その他イベントや案内について

何度でも訪れたいと思ってもらえる魅力ある公園作りをモットーに、様々な体験プログラムが用意されています。

「子ども美術館」では8つのアトリエで子どもが楽しめる体験プログラムを常時開催。

陶芸や版画などの工作が楽しめます。

週末はイベントドームで大道芸やライブパフォーマンスが見られます。

また、毎年クリスマス近くになると、夜にイルミネーションイベントが開催されます。入園料と駐車料金が無料となるため、多くの人で混雑しますが、いつもと違う幻想的な景色が見られるのでオススメです。

その他にも田植えや稲刈り、藍染や機織りなどが体験できるなど、園内各所で様々なプログラムが用意されているので、お出かけになる前に公式HPをチェックしてみてくださいね。

お客様サービスも充実しています。英語、中国語、韓国語のパンフレットや、ベビーカーの貸出、授乳室もあり、ドッグランまで併設されています。

迷子が歩いていると職員の人がすぐに気づいて声がけしてくれるのも安心です。

 

アンデルセン公園まとめ

いかがでしたか?アンデルセン公園の人気の秘密がお分かりいただけたでしょうか?一度足を伸ばしてアンデルセン公園へ訪れてみてください。きっと期待を裏切らないと思いますよ!

都内から日帰りで楽しめるテーマパーク、アンデルセン公園のご紹介でした。

-レジャー, 千葉, 関東

© 2020 Best notes